« 前へ | Main | 次へ »
享楽的消費回復のシナリオ
 三月の都内百貨店売上は前々年比で若干の未達、婦人服は98、紳士服は103ぐらいが実勢だったと推計されるが、四月はもう少し上向いているようだ。加えて3.11以降、客数はともかく客単価は安定した伸びを継続しており、年率5%強というインフレは衣料消費の20年振りの底打ちを明示している。
 振り返ってみれば3.11以降、ランジェリーショップの活況や紳士服の回復など説明のし難い消費の盛り上がりが断片的に見られたが、此処へ来てそれらの点がつながって面の広がりになろうとしている。経済は底這い状態で一段の空洞化と衰退が避けられないというのに、消費は何故、回復基調を強めているのだろうか。私は日本の経済と消費の関係が米国型に変質しつつあると予感している。
 米国は経済が衰退して行く中も三つ子の赤字を垂れ流して借金を重ね、消費だけは勢いを保って来た。すなわち、貿易赤字、財政赤字、家計赤字の三つ子、近年はこれに所得収支の赤字が加わって経常収支まで赤字転落して四つ子の赤字となり、巨大なギリシャと化している。日本は米国に較べるとまだ健全なバランスを保って来たが、2011年度は震災もあって31年振りの貿易赤字に転落し、震災以降の空洞化加速や原発停止による燃料輸入増大を考えると12年度以降も貿易赤字が定着する公算が高い。財政は既に大幅赤字であるから、これで家計赤字が揃うと米国型の三つ子の赤字構造に陥る。
 米国では家計がほとんど所得以上に消費し続けて経済のバランスを保って来たが、日本では年金などの将来不安から貯蓄性向が高止まりして消費が抑制され経済が停滞して来た。しかし、客観的に見れば社会保障の手薄な米国はもっと将来不安が大きく、裏付けの無い楽観が消費を拡大して来たと言うしかない。日本人がそんな楽観的な消費に走る事はないと思われて来たが、震災後の一部の突出した消費を見るにつけ、31年振りの貿易赤字転落という現実を見るにつけ、想像を超えたターニングポイントが来ているという予感がする。
 将来不安の果てに大震災に直面して人生観が一変し、家計収支がほとんど赤字になっても日々の消費を楽しみたいという人々が増えているとしたら、もしかして米国型の三つ子の赤字(当分は双子の赤字)を垂れ流しての消費拡大という享楽的なシナリオが見えて来るのかも。米国に較べればまだまだゆとりのある日本ですから、仕掛け方によってはすごい消費が盛り上がるのかも知れませんネ。
 2012/04/23 09:11  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ