« 前へ | Main | 次へ »
今回も空振りの渋谷109
 週末に渋谷109を一周してみたが、相変わらず売れ筋の追いかけっこで同質化した店頭が目立った。今、店頭に溢れているのは、ずっと継続しているルーズニットPOの綿麻レーシー版。あるいは、レースやデニムの超ミニスカート風ショートパンツ。次に溢れそうなのがトロピカルプリントやエスノプリントのOPやチュニックなのでしょう。
 そんな中、幾つか春のニューショップが導入されていましたが、その中でちょっと目を惹いたのが「バックス」ぽい乗りの「アゲインスト」(5F)。それもそのはずで、かつて「ギルフィー」や「バックス」を立ち上げた宮内敦さんが手掛けているそうだ。ファンドバブルに乗って二転三転した果ての再デビューだが、「バックス」などが残ったままでどう差別化するのだろうか。
 4Fの「レディメイド」はドロ味フェミニンなOLブランドだが、韓国テイストとは言え109にはお姉さん過ぎる。7F8Fの新店はテイストもMDも鮮度がなく、ほとんど気が付かないで通り過ぎてしまう。残念ながら、今回の新店導入も空振りに終わりそうだ。
 改装や新店導入の度に新宿OL方向や原宿ストリート方向が膨らんで109らしさが薄れ、売上もそれとともに萎んで来た渋谷109だが、今回の新店導入もそんな流れにブレーキをかけるインパクトはなかった。当分は連続前年割れ記録を更新し続けるのだろう。ホント誰か何とかして欲しいものだ。
 2012/04/16 09:46  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ