« 前へ | Main | 次へ »
貴重な情報が飛び交う「販売情報交換会」
 先週は水曜日に新規開設SCの売上予測審査会、木曜日/金曜日と月例の「販売情報交換会」を開催する一方、2件のVMDクリニックをこなしました。40ケ所近い商業施設の商圏分析業務もようやく目処が立ち、ほっとした所です。
 レディスの「販売情報交換会」ではネイティブ〜ヒッピーなトレンドとレイヤードの拡大で早くも晩夏先取りのルック続出が報告され、昨年を上回るシーズン進行に驚きの声が聞かれました。初夏感覚のナチュラル/エアリー/プレップな商品が氾濫して春物がぶっ飛んだ後はダークな晩夏商品がカラフルな夏物を短期で陳腐化させてしまうというシナリオが見えて来て、商品展開の修正を急ぐ必要がありそうです。メンズの「販売情報交換会」では秋冬物主力素材の仕込み動向が報告され、ポスト・ダウンの本命が読めたと好評でした。
 25年も続く当社の「販売情報交換会」は参加の百貨店/セレクトショップ/大手アパレルの商品担当者が本音で情報交換する貴重な場で、当社のコーディネーターも直近の店頭スタイリング動向をゾーン/タイプ別にカラーイラストで報告しています。セレクトショップの面々は毎月、積極的に参加してくれるのですが、百貨店のバイヤーさんは会議や催事で欠席される方もあり、商品リスクへの関わりの違いを感じます。近年の販売低迷やリモデルの空振りを見るにつけ、百貨店人のマーケットを見る目は組織力学のバイアスが掛かり過ぎているとしか思えません。素直な目で真摯にマーケットの現実を見て欲しいものです。
 週末には妻が実家の両親をお堀端のザ・ペニンシュラ東京に招待しているとかで、お気に入りの○○○のスーツを着ていそいそと出掛け、私は持ち帰りの仕事を片しながらデッキでほころびかけた薔薇の新芽を愛でるひとときを過ごすなど、ああ我が家にも春が来たんだなと一時の救いを味わいました。業界にはこれから本格的な冬がやって来るというシリアスな日々ですが、週末ぐらいは小市民の平和を味わいたいものです。そろそろ軽井沢の方も気になり始めました。
 2008/02/25 11:01  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ