« 前へ | Main | 次へ »
中国にも日本にもVMDのプロはいない
 上海の内田君が『中国にはVMDのプロはいない』と嘆いておられたが、それは日本とて同様だ。中国の方がまだ『VMD導入で飛躍的に売上向上』などと一方的な期待感を抱いているだけ前向きで、最近の日本では『客も販売員も退化しているのだからVMDもAKB的お遊戯で十分』と考える業界人が多く、一流駅ビルの店頭を巡回しても汚い売場にバサバサの付け睫毛をつけただけのような酷いディスプレイ(業界人の99.9%はVMDとはディスプレイの事だと思っている)が氾濫している。
 22才から第一線でVMDをやって来たプロフェッサーが思うに、VMDの原点はMDの面的あるいは時系列的展開訴求であり、販売と補給のロジスティクスに密接に関連するものだ。それらの継続とマスメディアやウェブ、SNSを駆使したコミュニケーション活動、店頭における建築的美術的VMD展開によってブランディングが確立されていく。ゆえに、MDの面的時系列的展開設計のないブランドのVMDはディスプレイに終わってしまうし、店舗や什器配置、陳列やディスプレイに建築的美術的韻律のないブランドはブランディングが成立しない。
 『中国にはVMDのプロはいない』と内田君は嘆くが、業界人の退化が著しい日本でも大学の建築学科や美大を出たVMD関係者はほぼ皆無となりつつあり、プロがやったという店頭を見ても建築的韻律や色環配列が崩れているケースが大半だ。ましてや店舗スタッフがAKB的お遊戯でやったVMDなど見るに耐えないが、それを『可愛い!』と受け入れてしまう若者の感性退化はさらに恐ろしい。
 私は三田の駅弁大学卒で専門的な美術教育は受けなかったが、社会に出てから必要に迫られて建築史から服飾史、果ては生け花まで必死に学んだ。結果、色環表がなくても正確に色を位置づけられる絶対色階が身に付き、ブティックから数千坪級の大型店まで建築的に美しく効率的に運営出来る店舗図面を正確に書けるようになった。ゆえに、建築や美術、生け花が解らない人がVMDを安易に手掛けるべきではないとプロフェッサーは思うのだ。
 店舗建築からMD展開技術、美術的VMDまで極めたプロフェッサーから見ると、日本も中国もバラックのような店ばかりでカメラを構える気になかなかならない。強いて言えば、欧米の建築美術を模倣した上海や香港の方が東京よりはましだし、英国文明の残滓が煌めくシンガポールには学ぶべき店やブランドが少なからずある。
 『失われた文明の神官』と自称するプロフェッサーだが、近代商業文明の頂点は80年代前半の米国東海岸、NYやボストン、シカゴやワシントンDCにあったと思う。当時のB.グッドマンやヘンリ・ベンデル、ニーマンマーカス、ノードストロムやサックスフィフスは建築的にもVMD的にも二度と到達出来ない頂点にあった。その彼らさえ失って行った文明は、極東の退化する島国の退化した人々には想像する事も出来ないだろう。私がバラック店舗、お遊戯的VMDと笑い飛ばすには十分過ぎる理由があるのだ。退化の止まらぬ日本では嘆いても致し方ないが、進化する中国では檄を飛ばす意味が十分にある。そのうち、中国にVMDを学びに行く時代が来るのかも知れない。
 2012/03/30 15:48  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ