« 前へ | Main | 次へ »
ビッグコンベンションは大盛況でした
 7日(木)に開催したSPAC20周年ビッグコンベンションは210余名という新記録の御参加を得て立ち見まで出る盛況で、2ヶ月かけて準備した甲斐がありました。私のシリアスな政策提言に加え、ルミネの花崎さんとイオンモールの村上さんのゲストパネルも好評で、会場は大いに盛り上がりました。メンバーのエグゼクティブに加えて四日市大学の谷口教授やジャパンイマジネーションの木村社長も駆け付けてくれたのは嬉しい誤算でした。コンベンション後の懇親パーティではモエシャンの砲列に続いてポイヤックやサンジュリアンのヴィンテージワインが次々と空けられ、皆様に美味しいと喜んでもらえました。世も業界も真っ青な中、これだけ盛り上がればまずは善しとすべきでしょう。この勢いでメンバーの輪が拡がってくれれば良いのですが。※コンベンションの御報告はこちら
 翌金曜日の「08AWへのMDディレクションゼミ」も狭い会場ながら満席となってホッとしましたが、週末の連休もまともに休めないほど仕事が山積しているのは、ちょっと憂鬱です。商業施設の商圏分析・格付け業務が数十ケ所も積み上がっており、やってもやっても終わりが見えません。某大型SCの構成企画や某買収案件のデューデリ、クライアントのブランドポジション検証も重なっており、必死で仕事をこなす日々が3月半ばまで続きそうです。その頃には陽気も良くなってデッキの薔薇達も芽吹き、ちょっと開放的な気分になれるでしょう。なんとか頑張るしかありません。
 2008/02/12 10:05  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ