« 前へ | Main | 次へ »
業界はパニックしています
 株の世界連鎖暴落もようやく一巡し円高も一服したかに見えますが、先行きは誰にも解りません。どう転んでも米国経済の急減速と国内消費の急冷却は避けられず、ミニバブルに浮ついていたファッション業界はあたふたと戦線整理に転じています。景気が上向いていた昨年前半まで濫造されたブランド/業態の整理撤収が一斉に始まって契約デザイナーや企画会社が次々と切られ、企画下請け業界はパニック状態となっているようです。売上が半減しそうとか3割減になりそうとか、真っ青ものの話が幾つも伝わって来ます。幸い当社は商品企画業務は手掛けておらず極端な逆風には直面していませんが、それでも昨年後半からはプロジェクトの中途挫折や契約の圧縮がひとつふたつ発生しました。その間に新たなプロジェクトもほぼ同数立ち上がるなど横這いを保っていますが、業務拡張という勢いはありません。ただし、コンサルティング部門では商業施設や店舗の一斉再評価など撤収再編にからむ検証業務が増加しており、急激に忙しくなりそうです。明暗交錯といったところでしょうか。
 2月7日のSPAC20周年ビッグコンベンションへ向けて着々と準備を進めていますが、92年来のロングレンジでの環境変化とビジネスモデル進化/多様化を検証して今後の環境変化と有望ビジネスモデルを明らかにするとともに、大胆なドメイン転換/集約とメディア・ミックスを含めた調達〜販売消化のプロセス革新を提言する予定です。これを契機にSPAC参加を検討する企業のオブザーバー枠も用意していますので、御興味ある方は事務局までお申し込み下さい。
 ※SPACの御案内はこちら
 ついでながら、年末のブログでワープ!とお伝えした最近の高速道路新設に対応すべくカーナビのディスクを更新しようとした所、メルセデスはいちいち本国のアプルーバルが必要との事で更新がずれ込んでおり、年明け新発売の最新版でも首都高速中央環状線(C3)が入っていないという体たらく。レクサスなどの高級国産車ではダウンロードによる随時更新が当たり前という御時世なのに!!高級国産車に着々と導入されている事故回避のハイテクも当分期待できず、燃費でも動力性能でも後塵を拝する有り様で、メルセデスはもはや化石化した高級装甲車に堕してしまいました。これではレクサスへの乗り換えも真摯に検討せざるを得ないと頭を抱え込んでいます。
 2008/01/28 12:00  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ