« 前へ | Main | 次へ »
伊勢丹本店の自殺行為
 今朝の日経に2月1日付けで三越伊勢丹HD社長に就任する大西洋氏へのインタビューコラムが載っていたが、主題となった来春の伊勢丹新宿本店全面改装の方針を聞いて『コリャ駄目だ』とガックリ来た。
 『斬新な内装に刷新するので売場面積が12%減るが、集客力を高めて売上は毎年5%伸ばす』という方針は、限られた売場面積に無理に突っ込まれたブランドの品揃えが偏って取引先との軋轢が絶えず、顧客もあまりの混雑に買い物の労苦を厭ってしまうという現状をさらに悪化させる『ブランドと顧客に冷淡な効率主義』であり、これ以上混むなら他店へ乗り換えようという顧客、これ以上品揃えを削がれるなら他店へ乗り換えようというブランドを増やす事になるのではないか。
 かっこつけて売場面積を圧縮する以前に、伊勢丹新宿本店がやるべき改革は山ほどある。まずやるべきは古典的な集中レジシステムとそれが占める面積と導線の無駄、派遣店員と重複する大量のレジ要員の削減であろう。実際の販売はブランドの派遣店員がしているのに支払いと包装は遠くの集中レジへ行って正社員にやってもらわねばならず、時間とスペースの無駄、二重雇用の無駄が指摘される。正社員のいるレジへ行って先払いし、レシートを売場に持って行って商品を受け取るチャイナ方式を笑えないのでは・・・・。最近のデパ地下食品ではレジシステムのオンライン化が進み、派遣店員だけで精算と包装が済んでしまう合理的な方式が急速に普及しつつあるが、まさか伊勢丹さんはご存じないとも思えない。
 もうひとつ、売場の通路に仁王立ちになって周囲を威圧している黒服のおじさんやお兄さんをなんとかして欲しい。販売するでもなし何かを聞いても案内出来る訳でもなし、時として腕まで組んでいる姿を見ると、こいつら派遣店員と顧客を監視しているつもりなんだとムカついて来る。それも主通路の一等地端に立って通路巾を確実に狭めているのだから、混雑に疲れた顧客とすれば『退いた退いた!』と押しのけたくなる。この販売実務を負担しない黒服たち(所謂エリート総合職)の人件費が百貨店の法外な歩率要求をもたらしている一因である以上、三越並みに削減すべきは当然だ。
 こんな必然の改革に目を瞑ったまま、かっこつけた売場圧縮に走ってさらなる販売効率を取引先と顧客に強いるという新経営陣のミーハー感覚とリアリティの欠落を恥ずべき同窓(大西氏とプロフェッサーは同じ大学同じ学部)の体質と疑うのは、名門私大に大学から入った地方出身者の僻かも知れませんネ。
 2012/01/27 10:45  この記事のURL  /  コメント(1)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント

貴重なご忠告ありがとうございます。大先輩より、ご指摘頂いて光栄です。ただし、私は効率を追及するつもりもございません。何より混雑でご迷惑をおかけしていますので、通路と空間スペースを増やし結果売場面積が減少するということを申しあげました。それによつておもてなしの精度をあげることで、お客様に今以上にご満足を頂いて、結果てきに売上向上につなげたいということを話ました。今後とも厳しいコメント期待しております。
Posted by:大西洋  at 2012年02月13日(月) 21:59


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ