« 前へ | Main | 次へ »
世の中真っ青真っ暗

 新年第1週はもたついたものの先週に入って各社のMDディレクションやVMDクリニックの日程がバタバタ決まるなど、ようやく動きが回復しましたが、世の中真っ青真っ暗!!株は底割れして下げ続けるわ円は急騰するわで世界恐慌の荒波に日本丸は木の葉のように揉まれ放し。官僚も政治家も保身ばかりで状況に立ち向かおうとせず、庶民は増税と恐慌に挟まれて凍り付くしかありません。福田首相のとぼけ顔を見ていると、ええい!!立てよ憂国の青年将校達!!と平成維新を叫びたくなりますが、その自衛隊とて金と色で国を売る堕落ぶりですから、もはや国家崩壊民族破滅の断末魔が迫る日本なのであります。
 2月7日のSPAC20周年ビッグコンベンションが迫る中、情況分析に加えて基調政策提言のシナリオを詰めていますが、これほど急激な情勢悪化の中で『SPAのビジネスモデル進化と次世代の課題』などという悠長な話が聞いてもらえるのか不安になります。いっそ『平成世界恐慌と事業再編』などというシナリオに変えてしまおうかと迷うほどです。おそらくはこの二段構えのシナリオに着地するのではないでしょうか。
 ちなみに、当社のコンベンションでは総べてワーグナーの楽劇曲を使用していますが、今回のビッグコンベンションではカラヤン指揮ベルリンフイルのローエングリン全曲集から第1幕のクライマックスでオープニングを飾ります。最後のロマンティック・オペラと言われルートヴィヒ二世やヒトラーがこよなく愛したローエングリン。華麗な中にも悲劇的な結末を予感させる第一幕クライマックスのソプラノとテノールの絶叫は今の時勢にぴったりかも。
 2008/01/21 09:53  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ