« 前へ | Main | 次へ »
ガラパゴス楽園崩壊の予感
 今年は東日本大震災やユーロ危機など国内外で‘想定外’な出来事が頻発し、文明の行き詰まりが露呈したカタルシスの歳でした。では来年はと言うと、私は様々な分野で日本のガラパゴス的状況が崩壊するグローバル化の歳になると予感します。
 既にケータイ世界では日本独自に発達したガラ携帯があっけなくグローバル仕様のスマホに主役の座を奪われ、日本独自に発達した高機能家電も新興国の低価格家電に押されて悉く赤字事業に転落してしまいました。ガラな技術立国、日本のアドバンテージも薄皮一枚まで詰められ、自動車産業や家電からITまで、一気に空洞化が加速する瀬戸際に追い詰められているのです。
 そんな切迫した状況下でも、我らファッション業界だけは未だガラな等身大ローカル世界に浸って茹で蛙を決め込んでいます。ガラパゴスな環境下で独自に発達した多様な等身大ローカルスタイルはもちろん、52週MDや過度のQR依存で汚く崩れた売場、OEM/ODM依存でお手軽に開発された薄っぺらな商品が蔓延する状況がいつまでも続くとは到底思えません。アジアや欧米を巡る度、この異様なガラパゴスは遠からず崩壊するという確信が強まるのです。
 アジアと日本、欧米が加速度的に接近して行く今、日本市場のガラパゴス楽園崩壊はもはや避けられないと思います。ガラな環境下で異形に発展した商品開発手法やMD運用手法、店作りやVMD手法をグローバルスタンダードに照らして抜本から見直すべき刻が来ているのではないでしょうか。2012年は好むと好まざるに関わらず、正面からグローバル化に向き合わざるを得ない歳となるでしょう。
 さて、当社は今日で仕事納め。新年は5日から営業します。という訳で、ブログもこの間はお休みします。では皆さん、良いお年を!
 2011/12/29 09:43  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ