« 前へ | Main | 次へ »
52週MDが招く汚い売場
 近年、駅ビルや百貨店で「汚い売場」が多くなったと感じるが、その要因は52週MDの蔓延にあるのではなかろうか。
 52週MDは品番単位の販売動向に週毎に対応するもので、確かに在庫回転効率は高まるものの、直近運用に依存して計画MDの精度が疎かになるという弊害も指摘される。ユニクロのように計画MDを遂行すべく品番単位の週別販売進行を予測してキックオフや販促を仕掛けるというのならともかく、52週MDに依存する多くのブランドは期中QR比率が計画MD比率を上回るのが実情で(期中QR比率が7割という酷いケースも聞く)、短期開発のQR商品が氾濫してルックやカラーのストーリーが崩れ売場が汚くなるのだ。これでは在庫回転や売上が多少、向上しても、中期的にはブランディング上のマイナスの方が上回るのではないか。
 私の経験則では月度/シーズンの計画MD比率と消化回転のバランス点は計画MD比率6〜7割で、過半を割り込むと「汚い」感が強まってしまう。最近の店頭を見ていると国内ブランドでは「汚い売場」が7〜8割方だから、それだけ52週MDが蔓延しているという事なのだろう。
 欧米やアジアのブランドビジネスでは計画MD完遂によるブランディングが至上で、これほど52週MDが蔓延して「汚い売場」が氾濫しているのは日本だけではないか。アジアでは52週MD依存の売場は「市場」にしか見えないから、「汚い売場」のまま進出しているブランドはMD運用とVMDを抜本的に見直すべきだと思う。
 2011/12/26 09:52  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ