« 前へ | Main | 次へ »
来年に期待しましょう
 先週は今年最後のVMDクリニックを幾つかこなす一方、木曜日、金曜日と月例の「販売情報交換会」を行い、アフターはミニ忘年会ぽく盛り上がりました。とりわけメンズ部会は乗りもよく、用意したモエシャンを飲み尽くして予備のポイヤック2本も空けてしまう勢いで、そのあと他の忘年会を梯子する人もいたようですが、すっかり出来上がっていました。ファッション誌の編集部や高級ブランド系ではスノッブな忘年会もあったようですが総じて地味系主流で、バブル往時のようなドンペリのシャンパンタワーにポールダンスのお姉さんといったファビュラスな話は聞きませんでした。業界に厳しい冬が迫る中、そんな気分にはなれなかったのでしょう。来2月7日に開催する当社のSPAC20周年記念ビッグコンベンションも『冬の時代を勝ち残れ!!』というシリアスな提言とならざるを得ず、せめてその後の交流パーティだけでもちょいスノッブに盛り上げようと、モエシャンのマグナムやボルドーのブランドシャトー物等を仕込んでいます。残念ながらポールダンスのお姉さんなどは間違っても登場いたしません。
 金曜夕刻までに繊研新聞の「秋商戦総括」原稿も仕上げて入稿しましたから、後のメ切りは年明けになります。クリスマス連休明けの今週は12月直近動向をまとめてSPACレポートを印刷・発送するだけで、来年の契約手続や暮れの御挨拶など消化試合ぽい日程ばかりです。先の読めない状況なのか『MDディレクション』を急ぐクライアントも少なく、年内開催は2社のみで年明け開催が主流です。
 年末年始は行き損ねた新設郊外SCなどを見て回る一方、来春へ向けて薔薇達の手入れに注力する予定で、海外リゾートなどケバいお話はございません。この秋冬は欲しい服も時計も見つからず、魅力も無いのにやたら高くなった店頭から足が遠のき、バカ高いのに洗練を欠くリゾートにも失望し、守銭奴のごとき生活になってしまいました。もっと素敵なファッションや洗練されたリゾートが登場して財布を開かせてくれるよう、来年に期待するしかありません。
 2007/12/25 10:14  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ