« 前へ | Main | 次へ »
RUGGED FACTORYは良かったよ
 ワールドが雑誌「Free&Easy」を発行する出版社イースト・コミュニケーションズと提携して開発したメンズカジュアルブランド「RUGGED FACTORY」の旗艦店が9月23日、明治通りのAUDIショールームの渋谷寄りに開店した。「RUGGED」とは「粗野な」「無骨な」の意で、店舗の内外装から一品一品まで「Free&Easy」の男臭いこだわりの世界がそのまま体現されていた。開店に先立つ12日には「Free&Easy」の別冊として「RUGGED FACTORY STYLE BOOK」が発売されている。
 「Free&Easy」はアメリカンカジュアル〜ブリティッシュトラッドのバイブルとして神格化されたライフスタイル雑誌で私も様々に活用して来たが、ワールドがこんな形でブランド化したのを見て、ちょっぴり出し抜かれた感を否めない。店頭の商品を見ても日本製、中国製、南アジア製が混在するものの素材、加工、ディティールとも「Free&Easy」の名を辱めない凝ったもので、さすがの私も日本製とその他を正確には見分けられなかった。ワールドでもメンズ統括部の「ソウル・オブ・フリーダム」や「ザ・ショップTK」を展開する部隊が担当しているそうだが、これはOEMやODMでは絶対に作れない。覚悟を決めて中国や南アジアの工場まで入り込み、額に汗して仕上げたのだろう。『いい仕事してるね』と誉めてあげましょう。
 手が込んだ分、価格もカジュアルのNBプライスになっており、シャツで7000〜9000円、パンツで8000〜15000円、アウターで1万円台後半〜3万円前後とほぼ「RUGBY」と同じぐらいだが、素材やディティール、加工の凝り方は格段に図抜けており、私もつい買いたくなってしまった。暇ができたら改めて出かけましょう。
 『ラギッドのスタイルと世界観を20〜30代の若い世代にも広めたい』とプレス担当が言うように本来は50〜60代のこだわり親爺の文明だが、ワールドがこの価格と凝り様でメジャーに展開すればノンエイジな広がりが期待されるかも。

 2011/09/30 16:54  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ