« 前へ | Main | 次へ »
ユニクロはやっぱ色音痴でした
 軽井沢三昧の夏も過ぎ、講演やセミナー、国内出張や海外視察、プロジェクト業務などが次第に詰まって10月〜11月は結構忙しくなりそう。夏休みボケから忙しい生活ペースになかなか切り替えられず、未だにアタフタしています。そんな中、今日は某大手GMSの売場編成を検証してあるべき構成を起案する仕事を進める傍ら、月度の店頭スタイリング動向を確認すべく、池袋〜渋谷と主要商業施設を一巡しました。
 池袋では東武百貨店の上に出来た巨大ユニクロをチェックしましたが、『これまでの店舗環境や陳列を一新』という報道とは裏腹に、相変わらずの単品山積みと色音痴としか思えない汚い色配列にうんざり。色環順がデタラメなのはトーン優先だからなのかと思いきやそれもデタラメで、色配列をほとんど考えていないのだというのが結論です。儲かっているのだからまともなカラーリストを雇って小奇麗に陳列すれば良いのにと思うのですが、いったい誰がそれを拒絶しているのでしょうか・・・・
 色環順配列は欧米では常識で中国でも一流ブランドは皆、きちんと色環順に陳列しているのに、どうしてユニクロは色環順を無視した汚い色配列を続けているのでしょうか。すべての分野で一流スタッフを使える予算があるのに、カラーリストだけは使わないでいるとしか思えません。今や国民服ブランドとなったユニクロですから、国民の色彩感覚に悪影響を与えるような陳列は是正してほしいものです。グローバル一流企業を自負するなら、まず色配列からグローバルスタンダードをクリアすべきではありませんか・・・・
 2011/09/21 09:14  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ