« 前へ | Main | 次へ »
SPACが二十周年を迎えます

 先週は渋谷、博多でVMDクリニックをこなして幾つかの展示会を回る中、28日にはIFIで講議し、29日にはSPAC月例研究会を開催しました。IFIマスターコースは30前後の若い人が多く、多様なビジネスモデルの理解を前提とした私の講議は難し過ぎたかも。その点、有力企業の中堅〜上位幹部が揃ったSPAC研究会は参加者のレヴェルも高く実務ニーズも明確で、時に適ったテーマにはズシンと手応えがあります。今回の『MD展開再構築』も緊急課題である来年のMD計画構築に不可欠なデータと方針を明確に提示し、180余名集まったメンバーで盛況でした(当日の御報告はこちらから。レポートの総括文PDFファイルはこちらから)。7月以来、売上の急落に苦しむ企業が急増していますが、SPACに参加していれば時を得た適確な情報と方針を得て確実に傷を軽く出来たはずです。まだ未参加の企業には是非、御参加を検討していただきたいものです(SPAC研究会の御案内はこちらから)。
 SPAC研究会も来年2月7日開催の第240回で20周年を迎えます。当日は私の基調政策提言に加えてトップデベの社長対談を行い、有力企業トップ/スタッフが集うその後の懇親パーティでは私のワインセラーの総力を挙げてボルドー/ブルゴーニュのヴィンテージワインを振る舞う予定です。ボルドーの三大シャトー物も登場します。乞う御期待(ワインにですか)!!
 2007/12/03 10:55  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ