« 前へ | Main | 次へ »
ファストリが朝7時始業に
 今朝の日経に拠ると、ファーストリテイリングは9月から就業時間を二時間前倒して午前7時〜午後4時にするそうだ。アフターワークの時間を自己育成の学習に使ってもらうためとしているが、早朝のプレワークタイムを有効に使っている人も多いから、一方的な屁理屈としか聞こえない。そもそも柳井さんは還暦過ぎの高齢で早起きなのは解るが、夜型の若い社員や遠隔地から通勤している社員にとってはブーイングもいいとこだろう。
 柳井邸は我が家と同じ通りの斜向かいにあって毎朝、私がスヌーピーお嬢ちゃんのお散歩に出かける頃、柳井さんが黒塗りのレクサスで出かけて行くから、6時35分に出て7時から早朝会議の指揮をとっているのでしょう。私なんか、5時起きでも表参道の会社に着くのは8時を過ぎてしまいますから、柳井さんはいったい何時に起きているのでしょうか。
 運転手付きのレクサスで20分ほどでミッドタウンの本社に着ける柳井さんは良いとしても、遠くから通勤している社員は相当に早起きしないと間に合いませんし、共稼ぎ夫婦のすれ違いや子供の通学などで途方に暮れる社員も少なくないでしょう。ちょっとワンマン過ぎる決断だと思いますが、そんな極端なリーダーシップがファーストリテイリングの奇跡を実現して来たというのも事実なのです。善くも悪くも柳井さんは戦国武将的な異次元の経営者なのだと改めて思い知らされました。民主的な政治では国難は乗り切れないのかも知れませんネ。
 2011/08/30 09:21  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ