« 前へ | Main | 次へ »
サプライズが続きますネ
 先週末はサプライズな社長交代のニュースが飛び込んで来ました。9月1日付けでオンワードホールディングスの水野健太郎社長が代表権のない副会長に退いて広内武会長が社長を兼務し、水野氏は事業会社のオンワード樫山の社長も退いて若干43才の馬場昭典常務執行役員が社長に昇格するというものです。皆さんも新聞報道を見てびっくりされた事でしょう。
 オンワードの社長は05年3月に就任した上村茂氏が「健康上の理由」で任期途中で退任し、代わって就任した水野健太郎氏も任期途中で交代する事になります。上村茂氏も末席常務からの抜擢でしたが今度の馬場昭典氏も先輩取締役達を飛び越しての抜擢ですから、38歳の最年少取締役から抜擢された現名誉会長の馬場彰氏が同社を百貨店アパレルのトップ企業に発展させたサプライズの再現を期待してしまうのでしょう。それだけオンワードの社長は大きな期待を背負う重責であり、任期途中での交代が続くという結果となったのかも知れません。ちなみに馬場昭典氏はオンワードホールディングス取締役副社長の馬場和哉氏同様、現名誉会長の馬場彰氏とは姻戚関係はありません。たまたま同性というだけです。
 上村茂氏は「23区」などの開発に携わった開発畑でしたが、水野健太郎氏は支店長などを歴任した営業畑、そして新社長の馬場昭典氏は「23区」や「ICB」を担当した企画畑ですから、オンワードの経営リーダーは再び開発畑に戻る事になります。それだけ今日の状況は国内も国外もブランド開発力、商品開発力が問われているのでしょう。
 それにしても最近はサプライズな人事が続きますネ。昨年3月のポイントの石井社長の退任にもびっくりしましたが、今回のオンワードの社長交代も相当にサプライズです。東京スタイルとサンエーインターナショナルの経営統合劇も衝撃的でしたが、某大手アパレルと某大手アパレルにも合併の噂が出ていますし、まだ未公表な情報ですが某大手アパレルでもサプライズな・・・・・・
 2011/08/29 10:23  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ