« 前へ | Main | 次へ »
H&M遠からず日本撤退か
 H&Mの日本での売上が伸び悩んでいるとレポートしたのも束の間(5月25日過去ログ「ファストファッション終焉宣言」)、11年上半期決算では稼働売場面積が54%も増えたのに売上は21.5%も減少(震災で関東10店舗が休業した第二四半期は32.6%も減少)するなど、もはや末期症状を呈しています。店を増やしても売上が減少するようでは日本市場撤退も時間の問題かも知れませんよ!
 08年9月にH&Mが銀座に上陸したとき、あまりに大味で低品質な商品を見て(前から欧米で見て安物を派手なプロモーションで売る量販チェーンと喝破していました)、遠からず行き詰まると予見しましたが(08年9月11日過去ログ「H&Mってショボい」)、本当にそうなるかも知れません。07年春に進出した中国では、先行して進出しローカル化した欧州系低価格SPA(EtamやOnly、Veromodaなど)が市場に定着していた事もあって順調に受け入れられ、既に50店舗に到達しても成長に陰りは見られませんが、遥かに成熟した日本市場では短期間のブームに終わったようです。そんな中国でも、よりローカルの市場(いちば)商品に近いフォーエバー21は受け入れられず、多店化どころか08年に進出した常熟市店も撤退したようですから、日本ではH&Mと大差ない売上減少に陥っていると推察されます。H&Mが撤退するならフォーエバー21も同じ轍を踏む事になるのでしょう。
 一時はメディアが騒ぎ立てて大変なブームとなり、ユニクロや大手カジュアルチェーンにも好ましくない影響を与えた(彼等の戦略をブレさせた)ファストファッションでしたが、結局は短命に終わってしまいました。一時のブームに乗って安易に導入したデベロッパーの姿勢には疑問を感じていましたが、臍を噛む結末になりそうです。
 2011/06/27 09:57  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ