« 前へ | Main | 次へ »
未だ士農工商ですか
 思うところがあってIFIのカリキュラム体系を精査してみましたが、実務体系の大半がマーチャンダイジングがらみで、マーケティングもその延長上に過ぎす、リテイリング体系はビジュアルマーチャンダイジング(これもマーチャンダイジングですが)に触れるのみで、流通戦略や店舗布陣戦略、店舗運営はもちろん、ロジスティクスと一体になった本物のビジュアルマーチャンダイジングなど、リテイリングを体系的に教えるカリキュラムは見当たりませんでした。マスターコースやプロフェッショナルコースはやはり、アパレル・マーチャンダイジングが中核なのでしょう。マネジメントコースやスポットの特別カリキュラムではケーススダディ的にリテイリングに触れる事もあるようですが、リテイリングを体系的に教えるカリキュラムの欠落は否めません。未だ士農工商なのでしょうか。
 思えば80年代のDCブランド華やかなりし頃もクリエイションばかりが叫ばれてリテイリングが軽視され、華やかなコレクションの陰でハウスマヌカンがシャケ弁を食うという格差が揶揄されたものです。当時の服飾専門学校はクリエイション一辺倒で、リテイリングどころかマーチャンダイジングさえ無視されていたのです。90年代に入ってIFIが設立された当時はまだ、その影響が強く残っていました。その後、米国ビジネススクール式のアカデミズムが強まってビジネスモデル論やケーススタディが追求された時期もありましたが、リテイリングが体系的に取り上げられる事はありませんでした。
 IFIの支援背景となっていたアパレル業界や百貨店業界が勢いを失うにつれ、業界の明日を開く人材の育成という本来の命題より組織の存続が現実の課題となり、体系的なカリキュラムを追求する状況ではなくなったのかも知れません。欠落しているリテイリング体系を確立すれば裾野が広がって状況も好転すると私は思うのですが、やはり士農工商の偏見が残っているのでしょうか・・・・
 2011/05/31 09:27  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ