« 前へ | Main | 次へ »
東京スタイルに脱帽
 今朝の新聞報道に拠れば、東京スタイルがあの「ローズバッド」を買収して子会社化するとか。卸とFC展開を行うメーカーのローズバッド社と直営店を運営する小売のエレファント社の両方を、投資関連事業を切り離した上で子会社化するそうです。
 「ローズバッド」はモードカジュアル系トレンド編集セレクトショップの一番人気ブランドで、12店舗、メンズの「スラップショット」はストリート系トレンド編集セレクトショップの草分けで、4店舗を展開しています。「ローズバッド」は駅ビルなどでの売上を見る限り高効率で安定しており、店頭で見ても後発の類似ブランドを引き離す魅力を維持しています。なんで身売りするのか内情は知りませんが、ビジネスモデルと販売効率から想像される利益率と実際の経常利益率(両社単純合算で5.27%)はかなり乖離していますから、本業以外に足を引っ張る投資があったのかも知れません。
 それにしても、東京スタイルの矢継ぎ早の買収戦略と目利きの鋭さには脱帽させられます。03年のナノユニバース、04年のジャック(「ステューシー」)に始まって08年のスピックインターナショナル(「トルネードマート」)、09年のイジット(「ダイアリー」)、そして10年には中国で活躍する日本人デザイナー村山蕾のメゾン北京子苞米時装、11年にはフィット(「ザ・ファーストウィメン」)に続いてのローズバッドの買収ですから、まさしく矢継ぎ早。しかも買収した企業が皆、ブランド価値が確かで買収後も上手く行ってるようですから、目利きと買収後のマネジメントは卓越したものと評価されます。買っては壊すケースも少なくない業界ですから、ご立派と言うしかありません。となれば、サンエーインターナショナルとの経営統合も大きな成果が期待されますネ。
 2011/05/24 13:09  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ