« 前へ | Main | 次へ »
春飛んで初夏来たり夏飛んで晩夏来る
 東京では震災の混乱も原発クライシスもようやく収まって、日常が戻りつつある。まだ余震は続いているし原発も予断を許さないが、ともかく日常を回復しようと皆が努力している。そんな中、震災で一ヶ月飛んでいたクライアント各社の店頭クリニックも再開されたが、奇妙なほど春物在庫が消えている。三月後半の実需期が飛んだのだから売り切れた訳はなく、何処かの店に集中して処分したのかアウトレットに回したのだろう。
 震災直後から三月末にかけての状況判断と在庫の振り回しが適切か否かで、GW以降のMD展開ストーリーは大きく変わってしまう。震災後の販売低迷で滞貨した春物在庫を店間移動やマークダウンで逸早く処理し、4月下旬までに初夏物体制を構築出来た店はGW明けの晩夏物投入へと在庫が回転していくが、春物在庫を引き摺った店は春物処分に圧されてGWの初夏物体制が構築し切れず、6月まで初夏物を引き摺って晩夏物の投入も遅れてしまう。商機は後手後手にずれ、売上も消化率も低迷するに違いない。如何に手早く震災の影響を断ち切れたかどうかが明暗を分ける事になる。
 この話を聞いて変に思う人もいるかもしれないが、昨今の春夏MD展開は春物→初夏物→晩夏物と流れて夏物はほぼ存在しない。毎年のようにサマーダークな晩夏物投入が早くなり、早い店では三月下旬から、遅い店でもGW明けから投入されるのが当たり前で、能天気にカラフルな夏物の展開期間はほぼなくなってしまった。それに震災による春物実需のずれ込みが加わった今期は『春飛んで初夏来たり夏飛んで晩夏来る』と謳いたくなる流れとなりそう。
※GW中は会社もお休みなのでブログもお休みします。
 2011/04/28 09:01  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ