« 前へ | Main | 次へ »
最新鋭駅ビルの見識
 3月3日に開業するアミュプラザ博多と5月4日に開業するルクア大阪のテナント構成を一瞥すると、過去二年間吹き荒れたファスト旋風が終わった事が実感される。H&Mもフォーエバー21もどちらにも入っていないし、ルクアにトップショップ/トップマンが入っていたりアミュプラザにコレクトポイントが入っているのが異質にさえ思える。
 博多ではH&Mは第二キャナルと天神に出来るファッションビルに、フォーエバー21も同じファッションビルに出るし、大阪ではH&Mは戎橋の路面に出ている。両者とも郊外では大型SCに出て行くのだろうが都心部では路面にこだわるから、駅ビルに入るのはレアケースだろう。駅ビル側にしてみても、超高効率な一等立地という売り手市場で、巨大スペースを要求し周辺を値崩れに巻き込む外資ファストSPAを導入するメリットは見出せない。アミュプラザとルクアが両者を入れなかったのも当然の見識と思われる。
 逆にどちらも積極的に導入しているのがカップル型を主流とするセレクトショップだが、アミュプラザはほぼ的確な配置となっているものの、ルクアの方は幾つか目利きを疑わせるフロア配置が見られる。2、3、4Fのクラス感や価格帯、テイストの交錯はちょっと酷いのではないか。アミュプラザも5Fの構成には疑問が残る。
 フロア配置図を見て批評するのもどうかと思うので、今朝は博多まで飛んでアミュプラザと阪急を実見分します。実際の品揃えやVMDまでトータルした評価を近々、報告しましょう。
 2011/02/28 09:16  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ