« 前へ | Main | 次へ »
春立ち上げの傾向は・・・
 コーディネーターの春立ち上げスタイリング動向報告を見ると、プレップ、マリン、クラシック、フェミニン、カントリー、アウトドアなどが継続する一方、ライトデニムのベルボトムやテンセルデニムのフレアパンツを軸に70’Sが台頭し、フレアスカート軸のキュートな50’Sもまだ残っています。ボーダーが根強い人気を継続し花柄がリバティ風やガーデン風、あるいは70’Sヒッピー風で継続する一方、小振りな水玉柄が台頭しています。ヤングやセレクトでは早くもマキシワンピ軸のリゾートルックが出始めていますから、今年もシーズンの前倒しで実需期とのズレが広がりそう。春節が明けた後の二月後半の店頭は前倒しが一層、顕著になるに違いありません。
 春のパワーアイテムとしては継続人気のチノ系丈パンツ/ジョッパーズに加えてキレイ目デニムやダンガリーのベルボトム〜フレアパンツ、同シルエットのサロペットが期待される他、ショート丈ゆるニットPOやジャージのジャケットも強そう。総じて継続性が強く70’Sを除いては目新しい傾向は限られ、力強さを欠いています。
 トレンドをリードしているのはセレクトと先行開発型のキャラクターブランドで、ファスト系は売れ筋焼き直しを脱せず109系はそのまた焼き直しの域を出ず、コンサバOL系やトランスキャリア系の先行開発ブランドの方が鮮度があるぐらいですから、後出しジャンケン商法はもう完全に行き詰まっています。引きつけるより開発期間を長く取って完成度を高めた方が値段も通るし鮮度も出せる、そんな状況が刻一刻と強まっているという印象ですよ。
 2011/01/31 09:26  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ