« 前へ | Main | 次へ »
脱ジーンズのドメイン転換
 ジーンズカジュアル店が軒並み二桁減を続ける中、ジーンズカジュアル主体からアウトドア・アクションスポーツへの転換を果たして全米最大のアパレルメーカーの座を堅持しているのがVFコーポレーションです。
 02年度は「Lee」「ラングラー」などのジーンズ部門が売上の55%も占めていましたが、00年の「ザ・ノースフェイス」の買収に始まって「ヴァンズ」「ナパピリ」「リーフ」など13ブランドもの買収を断行し、10年度はアウトドア・アクションスポーツ部門が売上の42%を占めるに至っています(ジーンズ部門は33%に縮小)。また07年に「セブン・フォー・オール・マンカインド」とアスリートカジュアルの「ルーシー」を買収して新設したコンテンポラリーブランド部門も09年にMOインダストリーを買収して「エラ・モス」などを加えています。この両部門のブランドをライフスタイルブランドと称し、12年度には全社売上に占めるシェアを60%にまで高める方針です。
 VFコーポレーションの‘VF’とはかつての主力部門だったインティメイトの「ヴァニティ・フェア」ブランドを冠したものですが、07年にはインティメイト部門を売却しています。VFコーポレーションはインティメイトからジーンズへ、ジーンズからアウトドア・アクションスポーツへ、二度も戦略ドメインを転換してトップ企業の座を堅持して来たのです。かつては全米最大のアパレルチェーンだったリミテッド・ブランズだって、アパレル事業をすべて売却/撤退し、今日では「ビクトリアズ・シークレット」を中核としたインティメイトとコスメティックの企業へと変貌してしまいました。ユニクロやライトオンが『脱ジーンズ宣言』をしてジーンズと縁を切るなど、別に何でもないドメイン転換だと思うのですよ!
 2011/01/25 09:12  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ