« 前へ | Main | 次へ »
良いお年を
 この一年、ジェットコースターのように様々な変化が在りました。さしものファストファッションも勢いが陰ってリアルへの回帰が始まり、業界は20年振りに自社開発へと回帰し始めましたが(一部は国内産地回帰でもある)、来年は一体どうなるのでしょう。春節明けの納期遅れと値上げのパニックがデフレに終止符を打ち、衣料品は値上げに転ずるに違いありません。ファストからリアルへ、デフレからインフレへ、OEM/ODM依存から自社開発へ、すべてが20年振りに反転する一大変動の年になるのは間違いないでしょう。そんな変動が業界再生の契機となり、前向きな明るい話題が広がるといいですネ。
 私も今年は様々な変動がありました。久方振りの出版や上海、SEOUL視察、Macの世代交代、軽井沢還暦プロジェクトなど幾つかの課題を遂行出来ましたが、メンズ担当コーディネーターの欠員と教授プロジェクトは積み残してしまいました。業界再生の来年はこれらの課題を解決し、長年かけて確立した技術体系をより多くの業界人に伝授したいと思います。皆さんのご支援を賜れば幸いです。
 年末の挨拶のついでに、コメントを下さった方々にも一言。コメントも呟きもちょこちょこ見ていますが、賛同ありご批判あり間違いのご指摘もあり、色々と考えさせられます。なるほどというご指摘には対応していますが、もっと研究しないと回答出来ない難しいご指摘も在り、機会を見て掘り下げた論展を加えたいと思っています。
 それでは年明けの四日まで、このブログもしばしお休みさせてもらいます。五日の水曜日にまたお目にかかりましょう。皆さん、良いお年を!
 2010/12/29 09:28  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ