« 前へ | Main | 次へ »
杜の都のコネチカット
 先週の金曜は早朝からはやてに乗って杜の都に出かけました。某アウトレット店のストアメイキングを採点するためで、仙台駅からタクシーに乗って泉パークタウンまで辿り着きましたが、まるでコネチカットの住宅地みたいな緑溢れる街並にちょっとビックリ。こんなに美しい住宅地があったのかと感心してしまいました。聞けば専任のガーデナーチームが常駐しているとか。これを単独で開発し維持している三菱地所さんはエライ!食い合いで共に苦戦が伝えられる仙台のアウトレットモールですが、街並の美しさもあってか、こちらの方が優勢だそうです。
 それはさておき、某社のアウトレット店はあまり良い構成とは言えませんでした。なぜなら、アウトレット店は倉庫の売れ残り品を自在に編集して季節に合わせた構成が出来、品番に囚われず(色やサイズが欠けているので)美しいカラー配列やフォルム陳列がレギュラー店よりし易いのに、むしろレギュラー店の在庫が崩れたような状態(当たり前ですが)になっていたからです。レギュラー店に近い構成をしようとするからレギュラー店より崩れた構成と陳列になってしまうのであり、発想を転換してアウトレット店ならではのテクを駆使すれば見違えるほど充実した構成と美しい陳列が出来ますよ!
 季節感はちょっと遅れていましたが、商品構成自体は意外なほど今年の売れ筋が揃っていましたから、在庫の選択眼は確かだと思います(昨シーズン物も結構、先を行っていたという事か)。これでテイスト分類がきちんと出来てクリスマスカラーやホリデイカラーがしっかり打ち出されていれば合格なのに、ちょっと残念でした。店長さん、挫けずに頑張って下さいネ。
 2010/11/30 09:09  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ