« 前へ | Main | 次へ »
煙草の止め時
 今朝、スヌーピーのお散歩に出かけようとお家を出たら、玄関の前に煙草の吸い殻が捨てられていた。そう言えば、昨日も同じような位置に吸い殻が捨ててあった。渋谷区は路上喫煙禁止であり、ましてや吸い殻を路上に捨てるなど立派な犯罪なのだが、公徳心も遵法意識もない喫煙者が多いのは嘆かわしい事だ。街を歩けば、所かまわず喫煙する人は後を絶たないし、路上には吸い殻が散乱している。こんな現状を見ていると、『喫煙者はすべからく犯罪者である』という思いが日々に強くなる。
 こんな事を言うと非喫煙者のように聞こえるかも知れないが、私はまだ煙草を絶てていない。発がん物質をまき散らす立派な犯罪者と言わざるを得ないが、もちろん許される場所でしか喫煙しないし、吸い殻を捨てたりもしない(携帯灰皿を持ち歩いている)。それでもルン妻にはヴェランダからわずかに流れて来る紫煙を詰られるし、喫煙者特有の残り香も嫌がられる。何処でどう吸おうと、喫煙は有害物質をまき散らして自分も他人もリスクに晒す犯罪行為である事は否めない。十年も先では喫煙は阿片と同列に禁止され、官憲の目を盗んで喫煙窟で密かに楽しむものとなっているだろう(旦那、いい煙草がありますぜ。一箱三万円でどうです!なんて)。
 私は今でこそルールをわきまえた喫煙者となっているが、10年ぐらい前までは平気で路上で喫煙し、たまには路上に吸い殻を捨てたりもする正真正銘の犯罪者だった。それをルン妻に再三注意され、だんだん良い子に更生されていったというのが真実だ。振り返ってみれば、喫煙に限らず、妻に諭され教えられて更生した生活習慣は数限りない。単身生活の若者に公徳心を欠く行動が目立つのは、良き伴侶の諌言を得られない事も要因と思われる。
 ルン妻に嫌がられるのも悲しいし、未必の故意の犯罪者であり続けるのも限界だから、ここらが煙草の止め時なのでしょう。
 2010/10/29 09:41  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ