« 前へ | Main | 次へ »
IKEA奮戦記も山を越えました
 昨日の日曜日は9時過ぎに大山町のお家を出て開店前に港北のIKEAに辿り着き、前回は欠品で買えなかった物や新たに買い足す物を確保してピックアップサービスで発注し、精算と配送手配を終えたら、もう2時を回っていました。へとへとになって二階のレストランでスモークサーモンとローストビーフで人心地をつけ、ルン妻と買い忘れた物をチェックしたら、やっぱり椅子類やベッドリネンを忘れていました。もう一度、売場に戻って買い足し、今度はピックアップも自ら行ってレジを通過し配送手配を終えたら、何と4時半になっていました。スヌーピーのご飯が遅れると可哀想と思い、急いで家路につきましたが、お家に着いたのは5時半でした。IKEAでの買い出しはホント一日仕事でしたよ!
 セルフサービスで選んで自分でストックラックからピックアップするというIKEAの提供方法にもようやく慣れましたが、使った時間は半端ではありません。ピックアップサービスや配送サービスを駆使しても(それだけで軽井沢まで10万円以上かかりました)、家一軒分揃えるのに三回もIKEAに足を運んで延べ20時間を費やしたのです。商品価格だけで50万円を越えましたが、家一軒分にしては法外に安く上がったと言えるでしょう(カーテン関連は別に激安ネットで手配しました)。私とルン妻の人件費を考えれば、その倍近くはついたのかも知れませんが、随分と節約出来たのは間違いありません。大塚家具で揃えていたら200万円はかかったと思います。
 ホントはこれからが‘組み立て’というIKEAとの奮戦の本番なのですが、そこは年老いた旦那たる私の事、改装工事の大工さんに投げてしまいました。家一軒分の家具を組み立てるにはプロの大工さんでも二日はかかるでしょう。よろしくお願いしますネ。自分で組み立てたら四日はかかるのではないでしょうか。ホントIKEAは恐ろしいっす!
 IKEAショッピングの苦闘体験談ばかりで企業研究ぽいお話が少なくて申し訳ないので、最後に少し補足しておきましょう。IKEAはオランダ籍の免税非営利法人であるスティヒティング・インカ財団の100%子会社たるオランダ登記のインカ・ホールディング社が運営する非公開企業であり、決算内容も最近ようやく概要が公開されたに過ぎません。その所有と権利関係はオランダのみならずルクセンブルグやオランダ領アンチル諸島などに登記された企業群の交錯下にあり、秘密のベールに覆われたサンタクロース工房めいた童話的存在にさえ思えます(http://cruel.org/economist/ikea.html参照)。
 1943年にスウェーデンで創業されたディスカウント家具店が1960年前後に北欧デザインによる垂直統合型SPAに進化し、1963年から積極的に海外進出。現在は36の国と地域に280余店を展開して(内9割がインカ・ホールディング直営で、残りは財団が間接的に契約するFC)、前期比6%増の231億ユーロを売り上げています。今期の純利益はまだ発表されていませんが、前期(08年9月〜09年8月)は218億ユーロを売り上げて25億ユーロの純利益を計上している高収益企業です。
 日本には74年に三井物産や湯川家具、東急百貨店が設立したイケア日本と契約して輸入卸形態で進出しましたが、当時はDIYが受け入れられず86年に撤退しています(撤退後、当時のスタッフがアクタスを設立)。2002年には直轄の日本法人を設立して上海物流センター設置などの準備を進め、06年4月24日に船橋に一号店を開設しました。あとは皆さんがご存知の通りです。
 私は70年代の進出時からのIKEAファンで、当時も悪戦苦闘して組み立てた記憶があります。こんな歳になって再びIKEAと苦闘するとは思いもよりませんでしたが、軽井沢プロジェクトを低予算であげるため、老体に鞭打つ事になったのでした。ああ疲れた!
 2010/10/25 09:13  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ