« 前へ | Main | 次へ »
いつか来た道
 イオンやイトーヨーカ堂は衣食住三部門編成ワンストップショッピングのGMSを解体してカテゴリー別の大型専門店編成に組み替えようとしているが、これは米国でも国内でも何度かトライされて来た「いつか来た道」であり、80年代のモンゴメリーワードやマイカルを思い出させる。どちらもカテゴリー特化編成でGMS解体の果て、モンゴメリーワードは2000年12月、マイカルは2001年9月に破綻している。「いつか来た道・・・・」と言いたくなる訳だ。
 運営コストが高く最大公約数的な品揃えのGMSは品揃えでも価格でもカテゴリーキラーに対抗できず、衣料も生活雑貨も家具も家電もズルズルとシェアを奪われて来た。もはや後がない所まで追い詰められ、カテゴリーキラーの集合体に変身して活路を開こうと決断したのであろうが、商品開発力も運営体制も顧客サービスもカテゴリーキラーとは格段の差がある中、形だけカテゴリーキラー複合に変身しても各個撃破されるのは目に見えている。大手商社と組んでユニクロ型垂直統合SPAを志向する衣料売場を見ても、事業組織がリアルマインドに徹せぬまま商品は水平分業的完成度に留まり、VMDは量販平場を一歩も出ていないし、小奇麗に陳列した生活雑貨売場もベンダーブランド編集に留まって商品開発を欠き、価値も価格もまったく訴求出来ていない。これではプロのカテゴリーキラーには到底、太刀打ち出来るはずがない。
 GMS解体は不可避の課題とは言え、リアルマインドとR&D体制を欠いたままでは「いつか来た道」は「いつか見た破局」に帰結するのは明白だ。渥美先生も草葉の陰で怒っておられるのではないか。
 2010/09/22 10:02  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ