« 前へ | Main | 次へ »
瓢箪から駒
 昨日の新聞報道によれば、ファーストリテイリングは「ジーユー」の最大店舗を10月中旬、大阪の心斎橋に開設するそうです。1650平米(500坪)という規模は500平米級標準店の三倍以上ですから、柳井さんもいよいよ「ジーユー」を「ユニクロ」に並ぶ第二の基幹業態に育てる腹を固めたのでしょう。
 高品質神話のプロダクトアウト型SPAゆえ開発期間が長くマーケットインの機動性を欠く「ユニクロ」はトレードオフな低価格トレンド商品は不得意ですから(下手に手を出せば品質神話が揺らいでしまう)、品質の縛りが緩く開発期間も短い「ジーユー」でカバーしようとするのは当然の帰結です。拙著「ユニクロ症候群 退化する消費文明」の中でも『ジーユーはファストリのOLD NAVYになる』『500坪級スーパーストアに化けたら凄い成長エンジンになる』などと指摘しましたが、柳井さんも当然、同じ可能性に気づいていたのでしょう。最近の「ユニクロ」の伸び率鈍化(3〜5月の既存店売上は92.1、6〜7月は97.3)を見て、第二の成長エンジンと期待するようになったと思われます。
 拙著では『5兆円構想を実現するには良品計画を買収すべき』と力説しましたが、これも柳井さんはとっくにお気づきになっていたに違いありません。となれば、「ジーユー」の成長エンジン化同様、瓢箪から駒になって『ファストリが良品計画を買収』なんて新聞に載るのも時間の問題かも知れませんネ。拙著では他にも幾つか柳井さんに提案していますから、次々と現実すると面白くなりますよ。まだ拙著をお読みでない方は是非、そのへんをチェックしてみて下さい。
 2010/08/31 09:28  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ