« 前へ | Main | 次へ »
HMV渋谷店跡はフォーエバー21
 今朝の日経によると、HMV渋谷店の跡にフォーエバー21が来年1月、国内最大規模の4000平米で出店するとか。HMV渋谷店の閉店については様々な論評が見られるが、今朝の日経MJのコラム「おとな行動学」ではCD店不振の理由としてネット通販によるCD購入と音楽配信の急増に加え、CD店から反体制のにおいが消えた事をあげていた。いかにも団塊世代的発想と取られるに違いないが、音楽から反体制の主張が消えて単なるトレンド商品となるにつれストリートに位置するCD店の役割が薄れ、便利なネット購入に流れて行ったという一面は否めないだろう。
 反体制はともかく、なかよし社会主義下で主張する事が疎まれ、みんなで同じトレンドに流されて行くのが心地よいという風潮が若年世代を支配しているのは空恐ろしい。そんな今時の若者気性に乗ってブームとなったファストファッションが、今や遠い過去の遺物となった反体制?ストリート文明の殿堂たるHMVの跡に出店するというのも時代の変化を象徴している。寂れきった裏原ストリートを歩く度、そんな若者文化の退化を痛感するのは私だけだろうか。
 それにしても、最近の業界誌紙の主張を避けた時流迎合は愚かとしか言いようがない。なかよし社会主義好みの若年世代に迎合しているのだろうが、主張や提言のないジャーナリズムに存在意義があるとは思えない。そんな苦言を提ずれば『自己主張の強い団塊世代など早く引退しろ』との暴言が返ってくるだけで、意見を聞き入れてはもらえないのが現実だ。わたしの『ユニクロ症候群 退化する消費文明』にしても、『みんながヨイショしているユニクロ様にケチをつけるなど不快だ』的な反論を聞くが、ちゃんと中身の論点を読んで欲しい。真摯に検証して疑念を提ずる事が疎まれる今日の世相は、なかよし社会主義と言うより衆愚全体主義に陥りつつあるのではないか。
 2010/08/27 09:05  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ