« 前へ | Main | 次へ »
「DoCLASSE」が気掛かりです
 時々新聞広告を見かけるミセス向けアパレル通販の「DoCLASSE」が気掛かりです。日本ランズエンドの社長をなさっていた林恵子さんが07年9月に創業したミセス向け通販SPAなんですが、ポリシーやイメージは素敵なのに商品やブランディングがいまひとつなのです。
 「年齢を超えて美しい」をテーゼとする9人委員会のエレガントなミセス達にも、ランズエンド社の顧客第一主義を継承した丁寧なカタログ作りや営業姿勢にも痛く共感するのですが、カタログに見る商品も提案するスタイリングもあまりにミセス過ぎて若々しさや華やぎを欠き、アッパーモデレートな価格とのギャップを感じてしまいます。当社のコーディネーター達に聞いても『ローカルのオバサンにしか売れない』『つまんない商品なのに高い』と手厳しい評価しか出ず、ルン妻にカタログを見せても『外には着て行けないわネ』と素っ気無く、新聞広告とカタログ配布主体(もちろんウェブも)の古典的なブランディング手法にも限界を感じます。
 「年齢を超えて美しい」素敵なミセス達を応援したいという「DoCLASSE」の丁寧な営業姿勢が評価されるだけに、もったいないなと思うのです。洗練されたVMDでスタイリングを訴求する実店舗を軸にTVショッピングや顧客参加のサロンショーも展開し、華の在るブランディングを仕掛けるべきでしょう。クリエイティブな外部スタッフも活用してシルエットやディティール、柄にも若々しさと華やぎを加え、ルン妻のワードローブに加えたくなるような素敵な商品にして欲しいものです。
 大きなお世話なのでしょうが、何故か気掛かりな会社なんです。薄っぺらく退化した若い娘がうざったい還暦男には「年齢を超えて美しい」素敵なミセスが眩しいのかも知れませんネ。
 2010/05/27 09:05  この記事のURL  /  コメント(5)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント

生地不良によるコートの返品をしました。返品処理された金額が、違うので連絡をしましたがOPの回答が、余にもいい加減で誠意が感じられず非常に腹が立っています。
1.返品を受けたOPがコンピュター画面で、勘違い意をして処理をしたとの事。
 *電話での処理は録音されているのではないのか?確認して仕事はしていないのか?
2.商品の売上処理と商品の発送、う受理に差がある(1週間位)が?
 カードによる支払いにはカード会社の締め日があり、処理に時間差ができる為の回答。
 *売上、返品の処理に締め日は関係無いのではないか。
3.今後、返品の際には、商品と商品コード記入したメモを入れて返品すればこのようなこは
 起きないとの事。
 *返品の際に、商品にドゥクラレッセからの返品メッセージのコピーを添付している。
  確認はできるはず。整合性がない。

諸々、話をしていて腹が立ってきた。今時、カードでの決済での処理の対応。返品処理に
対応が出来ていない会社はない。まして今回は、ドゥクラッセが原因での(品質不良)返品処理ではないか。返品は何回でもokは売りではないのか?
  今、注文をしている商品も返品、受取拒否するつもりだ。二度と購入しない。
Posted by:藤山  at 2016年12月22日(木) 10:34

写真だとよさそうに見えるのに、実物が安っぽかったです。
カタログもイメージ重視で、サイズもちゃんと書いてない。
電話の人がいくら愛想よくても肝心の商品があれではがっかりします。

交換は別の商品でもOKだと言うし、玄関先まで取りに来てくれて手間もかからないし、それを何回繰り返してもいい。
着用後でも返品OKだそうです。返品期限もないと言ってました。要するに、何年も前に買って着古したものを返しても受付してくれるんです。

こんなのすごくコストかかりますよね?
品物代は、このコストが上乗せされているから高いんだと思います。
まともに買うのが馬鹿らしくなります。
不誠実な商売のように感じるので、もう買いません。
Posted by:ダン  at 2015年05月17日(日) 21:34

此処からの購入歴は長いほうですが、最近は魅力が薄れてきた。
生地の品質が落ちた。
デザインに工夫が見られず、型紙を使いまわしている。生地だけで目先を変えようとしている。
オペレーターは慇懃無礼な対応。顧客の話を受け流す。
Posted by:ねぎこ  at 2014年10月05日(日) 10:35

モデルも顔が今一つだし(日本人っぽくない)前身頃と後身頃の布地の貧乏くさい切り替えとか、正直品質が今一つです。
高級路線のコレクションラインも実際には布に張りが無かったり色が今一つで、カタログを作った人の良心を疑います。

でもって、このメーカーはいつでも返品OKなんですよね。
買うつもりでいても届いたらカタログとの落差にガッカリさせられることが多くて、全部返品してます。
カタログもういりませんと言ってもずっと送られてくるし。
変なポエム調のコピーもウンザリします。
Posted by:盆子  at 2014年08月17日(日) 16:04

私も「ドゥクラッセ」について同じような感想を持っていて、
このページにたどり着きました。

正直なところ、値段に見合う商品品質ではありません。
一度返品しました。

カタログで見たイメージはむしろ良かったのですが、
実物をみて愕然としました。
Posted by:花子  at 2013年09月04日(水) 22:36


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ