« 前へ | Main | 次へ »
再度、スタッフを募集します
 今年の始めからスタッフを募集しているのですが適材の応募が限られ、増加する業務をこなし切れなくなって来ました。当社のMDコーディネーターは時間をかけて育成していく専門職で、素養と意欲がしっかりした人でないと育成が難しいのです。
 アシスタントバイヤーや店舗MD、あるいは商品企画業務のキャリアがある20代後半の方を採用し、ブランド知識やマーケティング、商品構成やMD展開手法を徹底して仕込んでいくもので、2年ほどでいっぱしの仕事が出来るようになります。育成するには展示会やコレクションはもちろん、国内外の新設SCやリモデル百貨店のほとんどを見せ、毎シーズンのように欧州や米国を視察させて視野と知識を広げる必要が在り、少なからぬ費用をかけています。情報の仕込みと研究が7割、業務としてのアウトプットが3割、というのが仕事の実態でしょう。
 2〜3年しっかり取り組めばバイヤーやMDへのキャリアアップも容易で、業界人としての可能性も大きく拡がりますから、有給のビジネススクールみたいなものかも知れません。もちろん、長く勤めていれば知識と経験が蓄積され、ブランド/業態開発や商業施設の構成企画などもこなせるようになりますから、待遇もどんどんアップしていきます。
 このMDコーディネーターという職種、キャリアアッブの可能性が拡がる有望職なのに一般的でないせいか知られておらず、応募が限られるというのが実情です。基礎教養が豊富で洋服の基礎知識があり、商業施設やブランドが大好きでいっぱい見ているという方、是非チャレンジしてみて下さい。
 ※応募の方は当社ホームページの募集フォームからアクセスするか、採用担当の深野まで直接お電話下さい(03-3403-8233)。
 2007/04/18 12:15  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ