« 前へ | Main | 次へ »
亜細亜に旅立つ
 世間の何もかもがデジタル圧縮されてアニメ化/漫画化/ケータイ化されて行く中、アナログな超2000万画素で思考し発言し続けるのは様々な苦悩を伴います。顧客目線という事なら100万画素まで歩み寄ってケータイ感覚のお遊技を見せるべきでしょうが、そんなピエロを演ずるつもりはハナからありません。あくまでアナログな超2000万画素で論理的に思考し発言するしか私の存在意義がないと考えるからです。
 しかし、アニメ化/漫画化/ケータイ化して幼稚園児化しているのは日本の若者だけであり、韓国や中国の若者はデジタル化されても感性も知性も圧縮されずグローバルな視野を広げ、今やお馬鹿な日本の若者を遥かに凌駕しています。サムスン電子や現代自動車、ロッテショッピングなどの韓国企業、BYDオートや百度などの中国ベンチャーの賢く鋭い戦略展開を見るにつけ、退化著しい日本企業の敗色は日に日に濃厚となりつつあります。このままでは日本は感性も知性も圧縮された若者達とともに衰退の一途を辿るしかありません。
 漫画満載の業界誌やお馬鹿丸出しのファッション誌やB級芸人が氾濫するTVを見るにつけ、退化する若者への嫌悪を隠す事が出来ません。共感出来る知性を求めて還暦男は亜細亜に旅立つしかないのでしょうか・・・・・まずは来週、香港、上海を巡り、6月にはSEOULに出掛けましょう。
 2010/03/26 09:07  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ