« 前へ | Main | 次へ »
サムスンはスゴイ!カッコイイ!
 サムスン電子の躍進が止まりません。既に09年度で10兆900億円を売り上げて8736億円の営業利益を叩き出し、米国でもアジアでも欧州でもソニーやパナソニックを引き離して独走している感があります。崔志成CEOは「ビジョン2020」で20年度の売上を4000億ドル(36兆円)にすると打ち上げていますから、ファーストリテイリングの5兆円なんて可愛いものですネ。
 「週刊ダイヤモンド」2月27日号の特集『ソニー・パナソニックVS.サムスン』に拠れば、サムスン電子の幹部に求める進化はユニクロの比ではなく、TOEIC900点以上でないと入社出来ず、既存社員も800点以上が必須で920点以上でないと課長にも昇進出来ないとか。社内の競争は極端で、同年齢で年収が3倍も違ってしまうそうです。「週刊ダイヤモンド」の記事はVS.と言うよりサムスンの一人勝ち一色で、ソニーやパナソニックの敗色が際立っていました。これはビジネスマン必読の好特集だと思いますよ。
 そんなサムスンのスゴさよりも、ファッション関係者が注目すべきはサムスン製品のデザインの洗練性です。『デザインが経営の頭脳であり、マーケティングが血液だ』と幹部が公言するほどデザイン戦略は突出しており、商品企画段階から機能とデザインが一体で開発される製品は、エッジデザインの超薄型LED・TVに象徴されるように極めてミニマムに洗練されています。私も薄型TVを買い替える時は迷わずサムスンを選びましょう!
 そんなサムスン製品に比べると、ソニーやパナソニックの製品は洗練を欠いた二世代は前のローカル商品にしか見えません。もはやサムスン製品のデザインはアップルやブルガリと洗練度を競う域に到達しており、それに較べればユニクロの店舗デザインや商品デザインはローカル臭の強く残る洗練を欠いたものと言わざるを得ません。柳井さん、真にグローバルブランドとなるにはまだまだですネ。
 2010/02/24 09:46  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ