« 前へ | Main | 次へ »
新プロジェクトが始まりました
 先週は新たに取り組む事になったランジェリー/レッグウェア/ホームウェアSPAのモデル店舗において、テイスト編集の打ち合わせを行いました。ランジェリーはグラマラス〜エレガンス、レッグウェアはナチュラル/エレガンス/モード、ホームウェアはナチュラルコンフォートと3者でテイストが相当にズレており、秋の新編集業態開設までに商品開発をコーディネイトしていかなければなりません。価格はビックリするほどの安さで、ブラとショーツのセットものが1900円〜2300円、ショーツは三枚1000円、ホームドレスは1900円と、量販店がばか高に思えるほど。ランジェリーなど一見するとブランドものと大差ないように見えますが、当社の女性コーディネーターに言わせるとブラのカットやレース素材はまったく次元が異なるそうです。商品の事は彼女達に任せ、おじさんは編集と店舗環境設定に注力しましょう。
 先週はまた、某外資系カジュアルブランドの半期デリバリー編集を1日缶詰めで行いました。レディス/メンズの全色サンプルを一室に集め、シーズン進行に合わせてアイテム/デザインとカラーの展開を組み直して行くのです。何百というサンプルを月別に編集する作業は店頭での編集作業と大差なく、黙々とハンガーを移動して行きました。極度の集中を要する作業のため、夕刻にはもうヘトヘトになっていました。
 今週は朝な夕なに4件のVMDクリニックをこなし、某大手アパレルのブランド展開検証レポートも提出しなければなりません。木曜(レディス)と金曜(メンズ)の夜には月例の「販売情報交換会」を主催するので、一週かけてゾーン別の店頭動向/スタイリング動向をまとめねばならず、また忙しい週になりそうです。
 2007/02/19 10:46  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ