« 前へ | Main | 次へ »
ユニクロ興隆と引き換えた‘失われた20年’
 年末の日経の特集記事に拠れば、‘ゼロ年代’10年間のヒット商品番付は始めから終わりまでユニクロが席巻したとか。フリースブームに始まってヒートテックと激安ジーンズ(火付け役はジーユー)に終わった訳です。ユニクロは‘ゼロ年代’に最も興隆した企業であり、‘失われた20年’を通して売上を115倍(国内ユニクロ事業)に伸ばしたデフレの申し子であり、没落し生活が質素になって行く日本を象徴する企業と言うべきでしょう。
 日経平均株価は89年末ピークの3万8915円から09年末は1万円強とほぼ4分の1に下がって東京証券取引所の時価総額は半分に落ち込み、世界の名目DGPに占める日本のシェアは94年の17.9%から08年は8.1%まで下がり、国民一人当たりGDPは93年の世界第2位から08年には19位にまで転落してしまいました。まさしく落日の20年であったと言わざるを得ません。そんな‘失われた20年’と引き換えにユニクロが興隆していったという想いを否めないのです。
 こんなにも無惨に日本が凋落し生活が質素になって行く事がなければ、もっと楽しく個性的なファッション企業が多様な花を咲かせ、ユニクロに活躍の場はなかったかも知れません。でも、それは遠い過去のガラパゴス的閉鎖市場を懐かしむ老人の夢想でしかないのでしょう。否応無しにグローバル化の波に巻き込まれ価格も品質も感性さえもグローバル平準化していく今日、柳井さんの言うようにグローバルに通用する企業以外は生き残れないのかも知れません。が、ローカルな企業やアナログな企業にもリベンジのチャンスは十分に在ると思います。虎年の来年こそ、リベンジの年と致しましょう!
 明日12月30日から1月4日まで冬休みにしますので、その間はブログもお休みします。5日の朝は虎年らしく元気なメッセージを発信したいですネ。
 2009/12/29 09:13  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ