« 前へ | Main | 次へ »
ロンドンから帰って来ました
 日曜日に成田を立ってロンドンで2泊して仕事を片し、水曜日の夕刻に成田に帰って来ました。ロンドンのホテルは今ひとつだったけどJALのシートはゆったりしていて、しっかり眠れました。眠い中で見た浅田次郎の「メトロに乗って」は泣けましたネ。岡本綾が演ずるMICHIKOが自らの出生を断つシーンは涙なしには見れませんでした(行き帰り2度も見た)。
 さすがにロンドンは東京より切れるように寒かったけど、現地では記録的な暖冬だと言っていました。駆け足で春の立ち上げもチェックしましたが、ラグジュアリー系はコレクションで見た通りで「ああそう」という感じ。トップショップの60'Sモダンなヴィンテージ調ドレスのオンパレード(千着じゃ効かないほど)が印象的でした。
 月〜水と会社を空けていましたから、木曜朝には判断案件とチェック案件が山積み。それを午前中に片し、午後はパシフィコ横浜(SCフェアの最終日なのです)まで飛んで行ってデベロッパー関係者に顔を売らなくてはなりません。いいお仕事がいっぱい来るよう営業に出かけるのです。
 金曜日は某大手アパレルで07AWのディレクションセミナーをして、夜は某大手百貨店で春立ち上げの売場VMDクリニック。ロンドンで別れた頑張り女史と再会してコレクションのMD展開構造を議論する事になりそう。土曜日はある仏系ブランドの07AWコレクションからMD展開を詰めるのでお休み出来ません。午前中には目処を付けてオフにしたいものです。お疲れさまという感じなのですが、未だ新スタッフのあてがついていないのが気掛かりです。
 2007/01/25 11:51  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ