« 前へ | Main | 次へ »
SPAC研究会に参画しましょう
 昨日の午後、いつもの東郷記念館で月例のSPAC研究会を開催しましたが、販売予算編成やMD政策を軸とした『来春夏MD総点検』という地味なテーマにも拘わらず多くのメンバーが参加して盛会でした。パネルに参画して頂いたフリーズインターナショナルの青木さん、アイジーエーの五十嵐さん、オンワード樫山の江頭さん、どうも有難うございました。家計支出や客層別ブランド売上の月指数と月度アイテム構成、各シーズンの立ち上げ時期/実需ピーク時期/マークダウン時期の推移などを検証して来期の売上予算編成やMD展開方針策定に役立てて頂くという何とも地味なテーマなのですが、毎年、多くのメンバーに要望されて取り上げているのです。
 11月26日開催の次回研究会では『アウトレット活用総研究』をテーマに、メンバー各社のアウトレット店活用情況と全国主要アウトレットモールの販売力を検証し、今後のアウトレット店展開政策を提言する予定です。個々のアウトレットモールの優劣を明らかにするとともに、プロパー販売とアウトレット販売の適正なバランスと効率的な連係を提言したいと思っています。
 SPAC研究会はこのように実務に直結する地道な研究を20年以上に渡って続けており、その蓄積は体系的なデータベースとなって、メンバー各社へのマーケティングや営業政策、ロジスティクスやMD展開、出店政策等の適確なアドバイスを支えているのです。これほど実務に直結するノウハウ蓄積は業界に例がないと思いますが、データベースの一翼はメンバー各社のアンケート回答に依存していますから、有力メンバーが揃って積極的に協力してくれないとノウハウの更新が遅滞してしまいます。もっと多くのファッション企業がSPAC研究会に参加してくれたらもっとノウハウが研ぎ澄まされるに違いありません。改めてSPAC研究会への参画を呼び掛けたいと思います(ご案内はこちら)。
 2009/10/30 09:16  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ