« 前へ | Main | 次へ »
買い物上手
 昨日の繊研新聞によればフォーティフォーインターナショナル(“ソードフィッシュ”など)を物流会社のムーブが買収したとか。物流会社とは言えムーブはマルキュー系の“ミンプリュム”などのアパレル事業も展開していますから、ブランドラインナップを拡充する買い物なのでしょう。それにしてもフォーティフォーインターナショナルはかなり前から売りに出ていて様々な会社に持ち込まれていたようですから、やっと売れたんだ!というのが実感。アパレル大恐慌とも言うべき昨今の苦境下では、なかなか右から左という訳には行かないようです。リーマンショック前は売り物が限られて売手市場だったのが、今や売り物ばかりで買い手が限られる買い手市場に一変してしまいましたネ。
 企業買収は下手をすると溝金になりかねませんが、この業界には買い物上手な方が何人かいらして、エッ!と思うほど上手な買い物をなさっています。経営に行き詰まったクラビスの再生出来そうな3ブランドの40店だけ(直営全店は95店)をビスケーホールディングとの共同出資で入手したパルの井上さん、急激に大きくなってオーナーの手に余ったナチュラルライフスタイスル系の“スタジオクリップ”を買収したポイントの福田さん、そして故人となってしまわれましたがセレクトショップのナノ・ユニバースやアパレルのスピックインターナショナルを買収した東京スタイルの高野さん、このお三方に優る買い物上手はちょっといないでしょう。シビアな目利きと再生する力量を兼ね備えた経営者と評価したいですネ。さすがの柳井さんも買収事業の混迷を見る限り、彼等ほどの買い物上手とは言えません。
 業界には売りに出そうな企業が数多ですから、これからも買い物上手と溝金な買い物下手の明暗劇が幾つも見られそう。次に買い物上手と注目されるのは誰になるのでしょうか・・・・
 2009/10/29 09:07  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ