« 前へ | Main | 次へ »
スタッフを募集します
 2年かけて育てて来たレディスMDコーディネーターのOさんが家業(テキスタイル企画販売)を手伝わねばならなくなり、3月末で退社する事になりました。マーケットやスタイリングの捉え方、MD展開の読み方、その文章表現など一通りマスターしたところだったので、大変残念です。昨年末にはメンズMDコーディネーターのM君がMD実務のキャリアを積む為、大手アパレルの現場へ出ていきました。外資ブランドビジネスから当社に来てまる3年、マーケット動向やMD展開を読む力は抜群だっただけに非常に残念です。彼のキャリアステップを考えるならMD実務のキャリアは不可欠で、やむを得なかったと思います。
 当社のスタッフは、MD実務を経験した上で入社し長く居られる方、次にMD実務に付く為に2〜3年、当社でキャリアを積む若い方、の2タイプに分かれます。後者の場合、ほぼ全員が希望通りに有力企業のバイヤーやMDに栄転しており、有給のビジネススクールみたいな性格があります。もちろん、まともなお給料が出てボーナスも有給休暇もあるちゃんとした待遇なのですが、将来の第一線MDや事業ヘッドを目指す方には
最適なキャリアステップとなるようです。
 2〜3年でキャリアアップされては当社としては苦しいのですが、これも事業の公的負担と諦めています。転職していったスタッフが数年後に重要なポストに付き、当社のSPAC研究会に参加してくれたり仕事を繋いでくれたりというケースもあり、卒業生と割り切る事にしています。
 という訳で、レディスのMDコーディネーター(109系からOLまでカバー)、メンズのMDコーディネーター(モール系から百貨店系までカバー)、各一名を募集する事になりました。一応、『専卒以上でバイヤーや商品企画の経験がある25〜30才ぐらいの方』という募集条件ですが、感性に恵まれ基礎学力が高く吸収力のある方なら短期間で離陸出来ると思います。レディス/メンズともしっかりした先輩がいますから、手取り足取り教えてくれるでしょう。
 現存スタッフに言わせれば私の要求水準は高く日々の研鑽が不可欠との事ですが、業務の多くは定型化されており、きちんと手を抜かずステップを踏めば必ずマスターできます。このブログを読んでいるのはもっと高いキャリアの方が多いと思われますが、後輩に声を掛けて頂ければ幸いです。
 ※応募の方は当社ホームページの募集フォームからアクセスするか、採用担当の掘/深野まで直接お電話下さい(03-3403-8233)。募集の詳細はこちらから。
 2007/01/09 10:59  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ