« 前へ | Main | 次へ »
ドナルド・フィッシャー氏逝く
 29日付けの日本経済新聞に拠れば、米国ギャップ社の創業オーナーで元CEOのドナルド・フィッシャー氏が27日、81才で死去されたとの事。69年にリーバイスを軸としたジーンズショップを創業してヒッピーブームとともに急成長を遂げ、83年にはミッキー・ドレクスラーを招聘してSPA化に踏み切り、87年には世界に先駆けて自社をSPA事業と宣言。90年代には米国の‘国民服’の座を確立してVOGUEやBUSINESS WEEKの表紙を飾り、95年には日本にも進出。99年にはリミテッド社を抜いて世界最大のSPA企業となったギャップ社も05年以降は失速し、08年には世界最大のSPAの座をインディテックス社に奪われ、今年中にはH&M社にも抜かれようとしています。そんな中でのフィッシャー氏の死去は自社開発ベーシックSPAからファストSPAへの世代交替を印象付けました。その意味ではユニクロも旧世代型に位置付けられるのですが・・・・・・
 フィッシャー氏とは95年当時、SFのギャップ本社の社食でランチを御一緒した事があります。気さくでストレートにものを言う専門店チェーンの親爺といった印象でしたネ。御冥福をお祈りするとともに、ギャップ社の復活も祈願しましょう。
 2009/09/30 09:08  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ