« 前へ | Main | 次へ »
“無印良品”は何処へ行くの?
 21才になった子息が“無印良品”の水差しを買って来て『これいいよね』などと気に入ってますが、デザイン先行で使い勝手が悪く素材のプラスチックも怪し気で、私は訝る事しきり。ゼネレーションギャップなんでしょうかね。
 “無印良品”と言えばこの大恐慌下で“ユニクロ”に続く国民ブランドになってもよいのに、毎月の売上を見ていると大苦戦続きで快進撃の“ユニクロ”とは較べるべくもありません。直近の6月なんか既存店売上が89.8と7ヶ月連続の前年割れで02年9月来の二桁割れに陥り、中でも衣料品は87.9と10ヶ月連続の前年割れに苦しんでいます。一昔前は『訳あって安い』という神話が活きていて若い人から大人までフアンも多かったのに、なんでこの等身大の時代に支持が盛り上がらないのでしょうか。
 私は『“無印”というブランド神話に胡座して真摯な商品開発を怠った』事が今日の凋落をもたらした要因だと思います。私もかつては“無印”にかかわった事がありますが、『訳あって、こだわって』という建て前の裏側で実際の商品開発は時代のトレンドに流されたり安易に品質を落としたりと、エッという事が多かったようです。とりわけ衣料品の開発は蛇行が激しく、‘ナチュラルで無垢’というブランドイメージからは懸け離れた合繊素材やモードなデザインまで横行して嘘臭かったですネ。
 最近の店頭を見てもそんな体質はさほど変わっておらず、デザインが先行して機能性や品質の追求が甘く、周囲が劇安化した今となっては割安感も怪しくなってしまいました。“ユニクロ”や“ニトリ”が真摯な商品開発と価格合理性で国民ブランドの地位を確固たるものとする中、ブランドイメージやデザイン性に胡座して真摯な商品開発を欠く“無印良品”は国民的支持からは遠ざかるばかりです。いったい“無印良品”は何処へ行くのでしょうか!
 2009/07/31 09:21  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ