« 前へ | Main | 次へ »
売上は創るもの
 先週は幾つかの店頭クリニックがあり、秋のセミナーシリーズを締めくくる『ブランディングVMDゼミ』を終えてほっとしたと思ったら、土曜日朝からIFIマネジメントコースの講議があって、週末はグッタリしてしまいました。今週もVMDクリニックが三つあり、IFIプロフェッショナルコースの講議も入っています。23日の勤労感謝の日も休めず、金曜日夜には都内百貨店バイヤーが一堂に会する情報交換サロンがあって、土曜日も仕事するというしんどい週になりそう。
 毎月、20日前から月末にかけて集中するVMDクリニックですが、そのポイントは現実のMD展開を今売れるMD展開に編集して見せる事に尽きます。今売れるアイテム/カラー/ルックを如何に強調して訴求するかで販売数字は大きく動くからです。MD展開は部分的には2〜3週射程で修正されるにしても総体は何ヶ月か前に仕組まれたもので、どうしても現実の販売進行とはズレが生じてしまいます。手持ち在庫を最適に編集してこのギャップを埋め、現実の販売進行に近付けないと販売予算の達成は望めないのです。
 具体的なテクニックは店頭のグルーピングと配置、アイテム/カラー/ルックの意図的強調訴求ですが、最新の販売動向やスタイリング傾向に精通していないと判断を誤りますし、配色や造形の美術的研鑽を積まないと洗練された陳列は組めません。加えて、店頭在庫と店ストック在庫/後方在庫を意図的に操作し、より鮮度の高い構成に見せる必要があります。情況にもよりますが、上手くやれば翌日から即、売上が2〜3割高まります。細かいテクニックは山ほどあり『即時売上向上VMD運用ショップ運営ゼミ』で公開していますが、売場で実際にやって見せないと会得は困難でしょう。
 
 2006/11/20 14:12  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ