« 前へ | Main | 次へ »
ダイヤモンドシティ・ミューに行って来ました
 先週は当社主催の『出店戦略ゼミ』『マーチャンダイジング技術革新ゼミ』が続き、ちょっと話し疲れました。人前で講演するのは慣れているとは言え、相当にエネルギーを消費する行為で、いつも終わるとグッタリしてしまいます。二つのゼミをこなして週末のゴングに救われたのも束の間、日曜日にはイオンモールの高崎SCをチェックに行き、月曜日には武蔵村山ダイヤモンドシティ・ミューの内覧会に出掛けました。高崎SCは行きも帰りもドアツードアで90分ピッタシとスムースでしたが、武蔵村山SCは中央高速側からアクセスすると渋滞がきつく、行きも帰りもちょっとうんざり。まだ開店もしていないのにSC周辺も渋滞が多く、開店したらいったいどうなるのかと不安になりました。
 ジャスコと三越、フラクサスの2.5核大型SCとして注目されるミューですが、一周した印象は『えっ、こんなものなの』。全館くまなく回って捜したものの、三越内の“エクレクティカ”とモール3Fの“ピンク ラテ”ぐらいしか目を惹くストアは見つかりませんでした。どちらもワールドの開発したもので、フラクサス(もちろんワールド)とこの両店を除けば高崎のイオンモールと似たり寄ったり。ワールドが協力してくれないと目新しいSCは創れないというのが現実なのです。
 ここのフラクサスは約630坪と従来より小振りで、“エクレクティカ”に百貨店ブランドを割いた為に手頃なSPA商財ばかりになり、買い易いけどグレード感のないストアに終わっています(大きな“オペークドットクリップ”みたい)。その分、“エクレクティカ”はワールドの百貨店ブランド群にインポートのセレクトや洗練されたギフト雑貨なども加わり、三越の格を保つ役割を果たしていました。三越の格と言えば、化粧品売場の正面にドーンと大きな“シャネル”が鎮座していたのが目立ちましたネ。
 追伸)イタトラ好きの男性なら“エクレクティカ”のメンズは必見。こんな上質なセレクト品がこんな手頃価格で売られて良いのかと義憤にかられるほど。銀座や丸の内にあればピッタリだけど、ここではネコに小判かも。
 
 2006/11/13 19:32  この記事のURL  /  コメント(2)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント

 11月19日(日)12:00PMSC到着。既に駐車場は入館待ち3時間、退館2時間待ちの表示あり。しかし館内は広い為通路も通れないというほどではない。
 三越の2階と3階は閑散としている。従業員も暇そう。フラクサスも同様。あれだけ人が入っても自分の店ではないと判断されるとひやかしもない。前途多難な船出。早晩売場の手直しがなされるのではないか。三越1階も川崎ラゾーナをみているので小さい、小さい。
Posted by:近藤さん  at 2006年11月24日(金) 18:17

小島健輔様

いつもありがとうございます。
武蔵村山エクレクティカに起こしいただいた際お話しさせていただきました(株)ワールドの林でございます。   (オペーク&エクレクティカメンズ担当)


先日はお忙しいなかお越しいただき誠にありがとうございました。
おかげさまで昨日無事グランドオープンを迎えることができました。
エクレクティカメンズもなんとか推移しております。

小島様にお話しいただいた内容をより理解し
大人の男性にむけた新しいトラディショナルをこれからも追求していきたいと思います。

ぜひまたご覧いただければ幸いです。

お忙しいとは思いますがお体ご自愛くださいませ。

今後ともよろしくお願いいたします。


                               (株)ワールド
                                    林 知彦
Posted by:林 知彦  at 2006年11月19日(日) 15:57


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ