« 前へ | Main | 次へ »
マークアップし過ぎです!!
 先週(23〜27日)は月度のMD切り替えサイクルにあたり、朝に夕に(開店前と閉店後)VMDクリニックが続きました。連日の早出と残業?にバテ始めたところを週末のゴングに救われたというのが実感です。
 お手頃価格のカジュアルSPAからセレクトショップ、百貨店の自主売場、インポートブランドとクリニックする売場は様々で、商品を手に取って陳列してみると品質感の差が歴然と感じられます。お手頃カジュアルは後加工/付加加工が勝負で、素材は何処も似たり寄ったりの中国素材。縫製始末に破綻が無ければ良しとする世界でしょう。セレクトになるとさすがにインポート商品には素材/デザインともキャラがありますが、縫製始末はお手頃カジュアルより乱れ気味。そんな事を気にする人は買わないでくれという事なのでしょう。セレクトのオリジナルはコストを抑えたOEM調達が主流で、素材のキャラやクオリティは価格に見合うとはとても思えない。お手頃カジュアルSPAと大差ない商品に倍の価格を付けているものさえ見られます。
 百貨店のブリッジセレクト自主売場やインポートブランドではさすがに高キャラ/クオリティの素材も使われていますが、縫製にキャラがあるのは極々一部の手縫い品だけ。後は大量生産の中国製も日本製も大差ありません。さすがにイタリア物(伊アパレルの東欧工場製も含む)には縫製糸と縫いテンションの緩さが光るものがあります。ブリッジ価格のブランド商品でも国内素材/縫製品は手堅い仕上げでNB的なカッチリ感があり、イタリア製品的な緩い上質感を期待する向きには失望を否めません。中には中国素材/縫製の商品もあり、デザイン/縫製はともかく素材のチープさはいただけません。総じて素材が劣悪な割高品をブランドネームに騙されて買わされているというのが実情でしょう。
 実際、小売価格に対する工場原価率はこの15年で10ポイント近くも下がったのではないでしょうか。その要因は百貨店の歩率高騰とSPA型ビジネスモデルの氾濫にあると思います。低価格/高品質で知られるファーストリテイリングの調達原価率が36%程度と推察されますから、他のSPAはもっと低コスト率で調達していると見てよいでしょう。百貨店ブランドの調達原価率など、80年代の33%程度から24%程度まで圧縮されたと言われます。統計的に見ても百貨店から駅ビル/ファッションビルへの消費移動は明白で(両者のボリューム価格帯は10対7)、さすがの百貨店の高歩率も数年前にピークを打って低下に転じています。“ユニクロ”のファッション化や“ZARA”の急速多店化で、マークアップし過ぎのSPA業界もやがて転機を迎えるのでは。
 
 2006/10/30 10:31  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ