« 前へ | Main | 次へ »
男の距離感
 新店のプレスデイやレセプション、業界のパーティやSPACの月例会などで企業のトップや幹部の方々とお話する機会が少なくありませんが、微妙な男(とは限りませんが)の距離感にはっとさせられる事があります。挨拶だけで話題を避けたり話を濁したりといった距離の取り方、会話する時の間合いや姿勢、目線などによる微妙な綾で、本音の親密度や上下関係が伺えます。慇懃無礼に距離を置かれたりするとカチンと来てしまいますネ。受け入れられてると思って行動している人が組織の中で擦れ違っている瞬間を垣間見た時など、男の距離感を痛感します。本人は気付いていない事が多いと思いますが・・・
 トップが交代して組織の力学が一変した会社など、距離感をどう取っていいのか迷う人、露骨に距離感を変える人、様々で人間模様を見る思いがします。そんな話をルン妻にすると「男の腐ったような」と切り捨ててしまいますが、「女の・・・・・」じゃなかったっけ!
 2009/04/24 09:15  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ