« 前へ | Main | 次へ »
ユニクロに学んではいけない
 06年4月の大和証券SMBCPI保有キャビン株のファーストリテイリングへの譲渡に関してイマージュホールディングの南保正義社長(3月30日付けで引責退任)がインサイダー取引で高松地検に告発されましたが、キャビン買収劇の突発性を改めて認識させた出来事ですネ。ファーストリテイリングによるキャビンの買収は創業オーナーの愛憎劇に発した予想外の展開で、社員の方々も寝耳に水だったに違いありません。ほとんど小説か韓流ドラマのような劇的展開で(そのうち誰かが小説化するかも)、インサイダー取引を誘発するだけの意外性があったのでしょう。
 問題はファーストリテイリングが買収した後の展開で、柳井さんが乗り込んでユニクロ流の改革を押し進めた結果、多くの幹部が退職する流転のドラマとなり、展開する業態もユニクロみたいな無味無臭の商品になって本来のキャラを失い、販売数字も低迷しています。“アンラシーネ”なんか酷い状態ですネ。
 ユニクロは劇的進化を繰り返してグローバルに通用するSPAとなりましたが、その手法を真似た企業は悉く失敗しており、当のファーストリテイリング社さえ買収した企業にユニクロ流を持ち込んでは失敗を繰り返しています。ユニクロの手法は企業最適なスタンスに立つ強者の正攻法であり、本来ニッチで顧客最適であるべきファッションビジネスにおいては空振る率が極めて高い‘逆手’なのです。素材も型も工場も絞り込んで少品種大量販売を仕掛けるのは企業最適な論理であり、多様な等身大個性を志向する消費者の様々な期待に応えるものではありません。多様なニッチを志向するファッション業界において確かにユニクロの手法は革命的でしたが、それが他の多くのファッション企業にとって成功手法とはならない事をファーストリテイリング社自体が買収企業の低迷で証明しています。
 H&Mにせよフォーエバー21にせよ、ユニクロとはまったく異なるアプローチで独自の成功を実現しています。ファッションビジネスはあくまでローカルでニッチ、そして時流に左右されるもの。他社の成功に学ぶ事は大切ですが、自社のキャラや顧客に適した自分流を失わない革新が求められているのではありませんか。‘顧客最適’を捨てたら破滅が待っていますよ!
 2009/03/31 09:15  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ