« 前へ | Main | 次へ »
無人店舗の死角
 米国の「Amazon Go」、中国の「Bingo Box」などID決済や画像認識とICタグを組み合わせた‘無人店舗’が注目されているが、これらは‘精算’という店舗フロントの一角を無人化するに過ぎず、店舗運営コストの大半を占める‘店内物流’にはまったく手が付けられていない。
 ‘精算’だけならジーユーやユニクロのセルフレジから半歩進化しただけで、店頭の一等地をレジ列(セルフレジも同様)が占拠するという旧弊を脱する価値は評価されるものの、販売しただけ棚に商品を補充するという‘店内物流’さらには店舗に補充するという‘店舗物流’の労働とコストは放置されたままだ。その点では、西友が当時の最新技術を駆使して開発した83年の「メカトロスーパー」(能見台店)の方が遥かに進んでいたと指摘せざるを得ない。
 店舗にせよ物流センターにせよ、近年のAIやロボット頼りの‘実験’は実用性を疑うものが少なくない。四半世紀も前の自動機器を駆使したオート・マテハンシステムの方が遥かに実用的で革新性が高かったのではないか。人海戦術のピッキングに終始するECモール事業者のDCは問題外として、ロボットを駆使したAmazonのDCとて自動ソーターが工場のように商品を振り分けた当時の‘ハイテク’物流センターより効率的か疑ってみたくなる。
 ‘店内物流’や‘店舗物流’にロボットやAIを持ち込んでも、費用対効果はもちろん実用性も疑わしい。むしろ‘店内物流’や‘店舗物流’を極小化する流通システムを追求する方が遥かに現実的ではないか。青山商事の「デジタルラボ」に代表される「品揃え拡張ショールーム販売ストア」、丸井の「フィットスタジオ」やECブランドのショールームに代表される「サンプル陳列ショールームストア」、英国の「Argos」に代表される「デジタルカタログ・ショールームストア」が革新しているものは何か、ITやAIの視点からは見えて来ない。店舗運営における販売プロセスや物流プロセス、それに関わるランニングコストが見える者なら、世間の目を惹く‘無人店舗’を遥かに凌駕する‘革命’が急進している事に気付くのではないか。
 三段階の「ショールームストア」は店舗というリアル体験の場とECフロントやEC物流を組み合わせ、品揃えを最大化する一方で在庫と物流を最小化し、売上を最大化する一方で店舗運営の労働とコストを最少化する極めて明快な‘マジック’だと解ってもらえば幸いだ。11月29日のSPAC研究会では余す所無く、その実例と仕組みを紹介したい。

◆小島健輔(KFM)のオフィシャルサイトはこちら

 2017/11/20 09:10  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ