« 前へ | Main | 次へ »
久しぶりに上手いVMDを見た
 幼稚園のお遊戯みたいな似非VMDが蔓延して店がバラックみたいになって久しいが、その要因はPOSデータ依存の売場を見ない在庫運用と近年のEC偏重による店舗MDの退化だと推察される。かつてはAIも無くECに依存する事も無かったから売場だけが販売訴求の場で、MDを適確に表現し在庫状況に応じて編集運用する技がないと思うように販売消化が進まなかった。本部のMDやDBとてAI以前の単純なPOSに依存しきる訳にもいかず、定期的に売場を巡回し編集構築に立ち会って売場の動態を掴んでいた。
 そんな時代が遠い過去になって店のVMD運用スキルがすっかり退化した今日、バラックみたいな売場ばかりかと思っていたら、久しぶりにキラリとMDを表現している店に出会った。それは10月13日に開業する「高崎オーパ」の内覧会での事だった。
 「高崎オーパ」そのものは業種構成や客層対応などテナントミックスの緻密さを欠きBC級テナントも目立って褒められたものではなかったが、それだけに突出して見えたのかもしれない。その輝ける店とは「スナイデル」と「ジェラートピケ」、単品構成で両者よりMDが粗いだけVMDも崩れがちだが周囲の店よりは数段上の「ミラオーウェン」だった。
 すべてマッシュグループのブランドだが、これまで見てきた同グループの店より格段にレヴェルが高かった。売場の子達に聞けば本社のMDが来て組み上げていったとの事で、MDを組んだ本人でないとここまでは出来まいと思わせる仕上がりだった。ビジュアルマーチャンダイザーには悪いが、どうしても在る在庫から組むしか無く、上手く編集し切れないでお化粧で誤魔化すところが出てしまう。新設店舗ゆえMDをそのまま崩さずに表現できたのだろうが、やはり企画を組んだMD本人がVMDまで組み上げるのが理想なんだと再確認させられた。
 「ミラオーウェン」は色や素材のコントラストは洒落ていても単品合わせの定型ルックVMDを出ないが、「スナイデル」では素材コントラストを効かせたモノルックの色回転VMD、「ジェラートピケ」では異素材合わせのクロス・コンポーネンツVMDが多用されていた。他にも「ロペ」などジュン系のブランドも定型ルックVMD中心に上手く構築していたし、地元のナチュラル系セレクトショップ「チェスト・オブ・ドロワー」のアートなVMDも目を惹いた。
 10月18日に開催する「店舗運営効率化VMD革新ゼミ」ではジーユーやZARAからデザイナーブランドやラグジュアリーブランドまで、今秋冬の最新店頭も加えてお遊戯でない本当のVMDの技を詳説しよう。





◆小島健輔(KFM)のオフィシャルサイトはこちら
 2017/10/11 09:30  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ