« 前へ | Main | 次へ »
ストック室を見ればすべてが解る!
 新業態のお披露目や百貨店のリニューアルでは美しく整えられた陳列やディスプレイを一巡した後、売場の方にやんわりお願いして後方のストックヤードを見せてもらう事にしている。売場はデコレーターやVMDerの手を入れて取りあえず繕っても、ストックヤードには一切お化粧しない物流プロセスが露呈しているからだ。
 最初にお見せするのが量販型アパレルチェーンで最も一般的な物流・検品・保管・品出しをすべてパッキンのまま通す方式で、国内大手SPAからグローバルなスポーツブランドまで大半がこれ。畳み皺防止とかまったく無縁の殺伐とした‘物流作業’で、コストは安いが品質管理は粗く、人使いも荒くなる。横田増生さんの「ユニクロ潜入一年」に書かれている通りだ。
 これと対極的なのが外資高級ブランドに多い物流・検品・保管・品出しをハンガーで通す方式で、「ZARA」は本国の自社物流センターで仕分けて各店舗に直送して来る。写真はストックヤードから店内に運び込んで各ラックに陳列するところだが、カテゴリー別にセット済みなのが見て取れる。面白いのは棚もの単品や細々とした服飾雑貨が食品スーパーやコンビニのようなボックスカートに分類されて運び込まれている事で、「ユニクロ」や「GU」のバックヤードとは繊細さの次元が違う。商品だけでなく労働の品質も違うと見るのは穿ち過ぎだろうか。
10月18日(水)に開催する『店舗運営効率化VMD革新ゼミ』では、売場だけでなくバックヤードや物流プロセスまで踏み込んで在庫と作業を圧縮し消化を促進するVMD手法を体系的に解説したい。


◆小島健輔(KFM)のオフィシャルサイトはこちら
 2017/09/21 09:07  この記事のURL  /  コメント(0)

コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


« 前へ | Main | 次へ »


ブログ内検索
Web 検索
プロフィール
小島健輔(こじまけんすけ)
小島ファッションマーケティング代表
感性に依存しがちなファッション業界にあって、客観的なデータに基づくマネジメントを提唱し、現場の技術革新を起点とした経営戦略を訴え続けてきたビジネス・エンジニアである。ファッションビジネス、流通業から外資SPAまで及ぶ多彩なコンサルティング、ブランド/小売業態から商業施設までのプロデュース活動の一方、経済紙誌、業界紙誌にも寄稿。
2016年 経済産業省アパレル・サプライチェーン研究会委員。

リンク集
更新順ブログ一覧
最新記事

http://apalog.com/kojima/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ